「喜びの感情を生みだすもの」message208~60歳からのミッションの創り方Vol247


P1030527

 

個人ののぞむ人生をつくるためには、自分という人間が

どういう人間かを知るか知らないかで決定的な違いを生みます。

 

なぜなら、知らないで目的地にむかおうとすると、自動操縦を

誤る可能性が高いからです。

そうなると理想と現実のGAPを自らつくりだすことになります。

ただし、一度自分を知ったらおわりではありません。

 

自分を知ることで欠くことができないのは、自分の感情に気づくこと。

自分の感情を理解できると、何を望んでいるのか分かります。

ここで(・・?マークが出てくる人も、続けてみてください。

 

さて、今回は、5つの感情のなかの喜びの感情を取り上げます。

喜びはプラスの感情ですね。

他の四つは「不安」「怒り」「悲しみ」「苦しみ」の感情です。

 

最初に、感情を理解するメリットをみてみましょう。

(1)感情に気づくことで、何を期待しているか腑に落ちるように

なります。

(2)望む方向に行動する動機が高まるので、行動する人に変化します。

(3)キラーストレスが潜んでいる可能性があり、必要な人は対処行動

をとることができるようになります。

 

では、喜びの感情について、具体的にみていきましょう。

喜びの感情は、「期待が叶ったときや叶いそうなときの反応」として

生じてきます。

表現したときは、嬉しい、愉しい、共感、興味、自信、好意、感謝

感動、意欲、成長、期待、勇気、充実感、決意、愛しい、満足などで

あらわされるものです。

 

ひと言でいうと、喜び、希望、安心などの報酬系が充足されたときで、

その基には、期待と表現される要求が充たされているときです。

 

このため、喜びの感情は、「期待が叶ったときや叶いそうなときの反応」

と定義されます。

 

なぜ、感じているだけでいいはずの「喜び」の感情を紐解くのかというと、

このことを理解すると、他のマイナス感情も理解し改善していけるように

なるからです。

 

感情を理解するメリットがあります。

きょうの内容は、いかがだったでしょうか?

 

★★「60歳からのミッションの創り方」ご一緒に学びましょう★★

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を信頼できる『あるがままにいきる健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤次回、またお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です