自己紹介

高橋 慶子 略歴

高橋 慶子
高橋 慶子

北海道生まれ 道立保健所で心の健康に携わり、メンタルヘルス支援歴は40年に及ぶ。20代に上司からプロとして働く教育を受け、長年自己研鑽にも取組む。対人支援力を高めるため、実務に加え各種国家資格及び大学修学。「健康をよりコントロールし、改善できるようになるプロセス」(WHOオタワ憲章)を基礎理論として、健康促進・早期発見・回復の各段階にかかわる。

支える人、支えられる人の当事者意識をもって、セルフケア、早期発見の必要性や対応などの予防を伝えることができる数少ない講師であり、明朗で分かりやすい語り口は定評がある。

保健・医療・福祉・介護分野との協働活動も行い、心身の相互性から生活習慣病とメンタルヘルスとの関係にも着目する。研修・講演・コーチング・プロデュースなどメンタルヘルスを中心としたヘルスケア領域で幅広い活動経験を有する。

平成23年中央大学卒業、平成24年北海道大学で職業能力開発論・産業教育論を修得。保健所時代の研鑽にくわえ、WHO薬物依存局顧問などの要職を経て、健康行動心理学の世界的貢献を評価される筑波大学宗像恒次名誉教授からも学ぶ。日々切磋琢磨し、効果的な健康行動科学の地域社会での実学の発展をめざす。

保有資格

  • 保健師 助産師 精神保健福祉士 介護支援専門員 第一種衛生管理者 行政書士試験合格
  • 公認へルスカウンセラー (ソーシャルスキルトレーナー更新中)
  • 産業カウンセラー
  • メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種マスター
  • ライフコンパス認定コーチ ナポレオンヒル財団認定トレーナー

 

所属団体

  • ヘルスカウンセリング学会
  • 一社)日本産業カウンセラー協会
  • 札幌商工会議所
  • 中央大学信窓会北海道支部幹事