月別アーカイブ: 2015年7月

vol 9 30年カレンダー

2010年この30年カレンダーが私のもとにやってきました

ちょうど大きな節目の年でした

定年退職、大学卒業が同時にあった年です

自分の名前と2039年までの実年齢を書き入れました

イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏の

日めくりカレンダー『凡事徹底』の中に

十年偉大なり

二十年畏るべし

三十年歴史なる

と書かれています

「どんな些細なことでも、本気でやり続けると

思いもかけない大きな力になります

大切なことは、いま自分ができることに

心を込めて取り組むことです」  とあります

個人の人生も、仕事や事業活動も同じことが

いえるのだと実感をもって思えるようになりました

あと30年現役、あと30年生きると語る方に出逢います

未来に明確なビジョンをもって生きることに前向きです

【30年カレンダー】

一日一日に、ひと月ひと月に、一年一年に

トキに意味をもたせる

それをするのは私たちです

行動の自分にとっての真の意味を知ることは

人生の最後の日かも知れません

誰にでもかならずやってくるこの事実を

どのようにとらえ行動していくか

人生に対する自分にとっての意味があります

なぜこれ! どうしてこれ!

いま気づいていなくとも脳は知っています

ご一緒に行動しませんか

DSC_0402

**************************

エフエム白石の番組パーソナリティーを務めています

タイトルは『慶子のあるがままに生きる』です

毎週火曜日午後3時から4時、

再放送毎金曜午後3時と毎日曜午後4時

あなたさまがお聴きくださることお待ちしております

ネット放送は→http://www.830.fm です

***************************

 

北海道介護新聞オピニオンで「職員定着率改善アプローチ」掲載されました。

DSC_0437-2

 

北海道介護新聞「オピニオン」でご紹介いただきました。

Officeアイカレッジ北海道の事業を開始した当初から

ご縁をいただいてきました介護サービス事業者さま

 

介護保険制度改正で課題となっております人の問題

『職員定着率改善アプローチ』

対策を検討し、より実践的に取組んでみませんか。

経営者さまの築いた会社理念・ミッションをお手伝い

いたします。

 

北海道医療新聞社さま 掲載ありがとうございます。

Officeアイカレッジ北海道 代表 高橋 慶子

 

 

DSC_0437-2

北海道介護新聞「オピニオン」でご紹介いただきました。

Officeアイカレッジ北海道の事業を開始した当初から

ご縁をいただいてきました介護事業所さま、福祉施設さま

の経営者さま、管理職さま、関係職及び機関さまに

ご興味をもっていただけましたら幸甚です。

介護保険制度改正で課題となっております人の問題。

『職員定着率改善へのアプローチ』につきまして

対策を検討し、より実践的に取組んでみませんか!

北海道職員時代より通算42年の健康増進の仕事は、

保健・医療・介護・福祉分野のみならず地域として

保育・教育分野とも連携した活動があったからこそ

進展したと思っています。

貴重な経験を積ませていただいております。

介護福祉分野の方々の人財教育にかかわり

職員の方が喜び、その喜びが事業所さまのご発展に

つながり、利用者さま・地域に喜ばれることを

めざし応援させていただきます。

介護事業所さま・福祉施設さま・関係者さま

ご興味のあるところから気軽にお声かけください。

現状の検討は、職員さま10人以上の事業所さまにて

経営者さま・代表者さまからまずお話しを伺わせて

いただきます。

現状の課題に目を向けるとともに、どんなふうにして

していきたいのかも、ぜひ、お聴かせください。

なお、講演・セミナーにつきましては、人数上の制約は

ございません。

未来にむかって一歩一歩取り組んでいきませんか!

皆さまからのお問合せをお待ちしております。

(2015年7月23日第806号掲載)

学術団体ヘルスカウンセリング学会

日本ヘルスプロモーション学会

一社)日本産業カウンセラー協会

札幌商工会議所 所属

 

vol 7 元北海道技術吏員(保健師)が綴ります~ダイナマイトが落ちた~

8年前になります

私が診断を受けたときのことはスローモーションビデオ

のように記憶の一ページをつくりました

青天の霹靂という言葉がピッタリと思うくらい

すなおに驚きの体験でした

このときは全く見通しのない状態でした

知り得るすべての知識を用いて行動しました

不安と恐怖感から積極的に行動しました

そして、「今までのやり方では通用しない」

と自覚したときから、回復への道が拓けてきました

病気が気づかせてくれたこと

それは、私が自分を尊ぶ生き方になっていなかった

それを教えてくれたのだと思っています

このブログを始めた頃は見つけたものは

レッテルのはがしかただと思っていました

いまはそれをふくめてもっと大きなものに

気づかせてもらっていると感じます

まだまだ自己成長の途中ですが

image041 - コピー

よろしければこれからもどうぞお付き合いください

最後までお読みくださりありがとうございます。

******************************

7月から、FM白石の番組パーソナリティになりました。

タイトルは、『慶子のあるがままに生きる』です。

健康増進と生涯発達を軸とした番組です。

毎週火曜日午後3時~4時

再放送は、金曜午後3時、日曜午後4時からです。

ネット放送は、http://www.with-s@830.fmです。

どうぞ、午後のひと息としてお聴きください。

******************************

 

 

 

 

 

 

 

vol 6 自己理解・自己分析手法として気質コーチング講座喜んでいただいています

自分はどういう人間なのだろう

ストレス・サインがでてくるということは

自分に気づくことがあるときに

自分を助けるために表れてくれます。

そのサインの読み解き方があります。

共通して大切なことは、自分理解です。

私はその読み解き方が分からずに

すごしてきた時期があります。

その読み解き方は進化深化しているので

これでいいと思わずに研鑽を続け

新しい知見を保つようにしています。

気質コーチングはシンプルにみえて奥が深く

自分にも苦手な人との関係にも

大切な部下や家族にも用いることができます。

企業の管理職の一割の人が、部下の自己理解を促す

ことができる気質アドヴァイザーになると

職場環境は変わると考えられます。

より良い職場風土づくりがブランド力になる

そういう時代になっていますね。

ご興味のおありになる方どうぞご照会ください。

mission

『自分と人を尊び地球に美しい喜びの花を咲かせること』

ストレス・サインのマネジメンター

Officeアイカレッジ北海道 代表 高橋 慶子

 

%20DSCN2970[1]