月別アーカイブ: 2015年9月

vol 39 60歳からのミッションの創り方~message3 4つの成長段階

 

18 (3)

 

私は、37年間業務上のスキルアップを続ける環境

 

をいただいてきました。

 

そして、私には、業務以外の自己成長の4つの段階が

 

あります。

 

 

それは、どんなことかというと

 

 

第1段階 20年前

 

自発的に主体的な自己研鑽を開始しました。

 

自らの知的好奇心の強さを知りました。

 

 

第2段階 8年前

 

病気の診断以降、以前難しいと感じていた死と愛の

 

テーマについて自分の心からの言葉として語れるように

 

なりました。

 

 

第3段階 4年前

 

大学院進学を格納したのち、社会事業家に転身したことで

 

尊己及人という自分へのメッセージに出逢いました。

 

 

第4段階 4ケ月前

 

自らのミッションを創りあげた結果、自分の軸心が

 

定まりました。

 

これはゴールではなく、新たな味方を得て出航する

 

慶子号の船出だと思っています。

 

 

 

私は、20年前自分の胸にスースー風が吹いているような感覚

 

に気づき、なぜそう感じるのか探求してきました。

 

 

そして、いま、身体の中心に一本の軸心が徹ったと体感します。

 

風が吹くすきまはいつしかなくなり、ずっしりとした充実感があります。

 

 

これからも、自己成長の道は続きます。

 

 

ミッションを創り上げた結果

 

ミッションに向かうようになっています。

 

 

数ケ月の具体的な変化は

 

ひとつ、苦手意識の克服

 

ふたつ、溢れるようなアウトプットへの自覚

 

の大きくみると二つあります。

 

 

続きは次回 「軸心がうごく」で

 

 

綴らせていただきます。

 

 

次回もまた貴方さまとお会いしましょう。

 

 

貴方さまのOfficeアイカレッジ北海道

 

 

ではまた  60歳からのミッションの創り方 髙橋 慶子

 

 

10月より連続講座を開講いたします。

【ご紹介させていただきます】

『わたしとあなたのあるがままに生きる』

10月から計6回の連続講座を開催いたします。

~集まれ!グレイスフル世代~

人に本来備わっている健康や生きていく力を

プレシニア・シニア期により発揮していただく

時機と考えて提唱させていただくものです。

 

■内容:60歳以降の世代に身近なテーマや願いごとを

取り上げ、私からの提言と話合いをおこないます。

人間関係を良くするコミュニケーション術を磨いて

いただくことを目的としています。

 

■対象者さま:

①60歳以降のグレイスフル世代の

②主旨にご賛同くださる方

 

■開講日:定例 毎月第3水曜

■募集人数:最大9名

■場 所:札幌市中央区 ティールーム紅香

■時 間:午後1時半~3時半の2時間

■参加費:各回2,000円(資料、お飲みもの付き)

☆全6回ご参加者さま―「傾聴カウンセリング40分」

をプレゼントをさせていただきます。

 

■担当者:ソーシャルスキル・トレーナー

Officeアイカレッジ北海道 代表 高橋慶子

 

ご興味をもってくださる方ご一緒に話ししませんか!

vol 38 60歳からのミッションの創り方~message2 何が変化する

 

15 (3)

 

ライフコンパスプログラムのひとつの区切りとして、

 

自ら価値あると認めた道標のミッションを創り出すことが

 

できたのは今年5月中旬のことです。

 

 

潜在意識とミッションをふたつの軸としたライフコンパスを

 

提唱される110万部著者で歯科医師の井上裕之氏のもとで

 

合計150日の集中トレーニングにチャレンジしていました。

 

 

創り出すことができたというのは、ミッションという表現では

 

ありませんが、10年以上前に創った私の人生目的があったため。

 

そのことを大事にしてあげたい気持ちがあります。

 

以前のものは、公表していません。

 

 

ミッションを公表するかしないか個々の考え方があります。

 

一個人ですので、公人の公表とは意味合いは違いますが

 

今回は、折にふれてお話しさせていただくことを決意したことで

 

前回に表面化しなかった変化を感じています。

 

 

~ミッションを軸にするようになっての実感~

 

ミッションをもつことは、自分の人生を賭けること

 

ミッションをもつことは、自分の選択基準をもつこと

 

ミッションをもつことは、最強の深層自己説得をおこなうこと

 

ミッションをもつことは、ブレない自分を創ること

 

ミッションをもつことは、思い描く姿に最短で到達すること

 

ざっと書きだしてみると、こんなことが浮かんできます。

 

そして

 

ミッションを創りだすことは、自分の思考を整理すること

 

ミッションを創りだすことは、本当に必要なものを集結すること

 

ミッションを創り出すことは、自分の矛盾や混乱を超えること

 

ミッションを創り出すことは、自分と仲間を信頼すること

 

ミッションを創り出すことは、自己鍛錬を続けること

 

などが浮かんできます。

 

簡単にもうしあげると、『最強の味方を得た』という感覚です。

 

そして、『ミッションがあることへの自己信頼の高まり』

 

『ミッションはいきものであり、日々私を育ててくれている』

 

と心の呟きでも実感できることです。

 

いかがでしょうか?

 

貴方さまの目が留まった箇所はあったでしょうか?

 

内発的動機や文字情報に対する貴方さまの過去体験などでも

 

認知がかわります。

 

今回は、大脳の判断の座を中心にみていただきました。

 

 

ミッションの概念は提唱者である井上裕之先生のご著書やセミナーで

 

直接その叡智を学んでいただくことをお勧めします。

 

 

ここでお届けするのは

 

”前例主義が通用しない新型高齢社会”にいきる

 

”グレイスフル世代”の喜びをめざすこと

 

ミッションがあると

 

最適の選択基準と深層自己説得が作動するので

 

グレイスフル世代にあっても

 

長年の対処策をこえた新しい課題解決法を実行できる

 

結果、何かあっても事態が好転する

 

その結果

 

日々自分の希望に向かっていくので体重×1兆個の細胞が

 

活性化する

 

つまり加齢現象を促進する抗酸化を弱め

 

脳と内臓の美男・美女になる

 

照れる方でしたら、紳士・淑女

 

と、こんなことを日々実感できるようになるので

 

強力なセルフ・コーチングになります。

 

私がこの数ケ月でどうなってきているのか

 

グレイスフル世代、早計に申上げるのは控えたいと思いますが

 

いま、こんな微変が・・

 

続きは次回

 

次の投稿でまた貴方さまとお会いしましょう

 

さいごまでお読みくださいましてありがとうございます。

 

Officeアイカレッジ北海道 代表 高橋 慶子

 

 

 

vol 37 60歳からのミッションの創り方~エピローグ

 

18 (3)

 

2015年9月22日フェイスブックタイムラインに

本テーマでスタートのご案内をさせていただきました。

 

そのとき綴ったものが

『60歳からのミッションの創り方』エピローグとなりました。

 

なぜするのか

何をしたいのか

ざっぱくですが、お示しさせていただきました。

 

初めてすることは勇気がいります。

 

すなおに申上げると葛藤はありました。

 

私の選択は「だからやめる」ではなく「やってみる」でした。

 

行動してみなければ分からないことを頭だけで決めようと

 

しても無理があります。

 

実際の行動から学ぶ道を選択いたしました。

 

エピローグとなった全文を載せさせていただきます。

 

「 皆さま いつもありがとうございます。

 

今回よりblog『60歳からのミッションの創り方』を

 

スタートさせていただきます。

 

60歳以降になると、プラチナ・シルバーなど

 

貴重な宝の名前でよばれる世代に入っていきます。

 

個人の希望は聞かれませんが

 

私は、人に本来備わって いる免疫力や自然治癒力を高めていく

 

優美な “グレイスフル 世代” と呼びたいと思っています。

 

いかがでしょうか?

 

    男性の方も女性の方も、多くの方がさまざまな試練を

 

超えて今を向かえていらっしゃると感じています。

 

60代、70代、80代、90代、100歳代と続く人生の 歩みは、

 

今までよりもさらに心豊かにすごしたい時期ではないでしょうか。

 

 

私は、”前例主義が通用しない新型高齢社会” と思っていますが

 

前向きで意欲的な方も多く、集大成を遂げたいと思って いる方々の

 

声が寄せられます。

 

一方で、体調不良や生活基盤の不安、認知症への危惧、

 

孤立死等も身近な話題として耳に入ってきます。

 

 

60歳以降、ひと昔前でしたら余生を送る世代でした。

 

 

私自身、未来のさまざまな課題を自覚しつつも、

 

喜び多い日々の暮らしを願う一人です。

 

 

「ミッション」耳慣れない言葉かも知れませんが、

 

自分の人生の軸となるミッションを創り行動すること により、

 

凝縮した時間をすごすようになってきています。

 

 

人生の秋の章、冬の章を歩んでいこうとする方々と

 

喜びの日々を創っていく道標を、ご一緒に考え

 

解決法を提案させていただきたいと願い、

 

これからも研鑽いたします。

 

 

そして、子世代の方々の親との佳き関係づくりに

 

発展するなら、なおのこと嬉しいです。

 

 

次回もまた貴方さまとお会いできましたらうれしいです♡

 

さいごまでご覧くださいましてありがとうございます(*^-^*)

 

Officeアイカレッジ北海道 髙橋 慶子

 

 

vol 36 60歳からのミッションの創り方~message1

15 (3)

 

皆さま いつもありがとうございます。

「マイ快適空間をデザインする」をテーマにその13まで

綴らせていただきました。

 

今回から、『60歳からのミッションの創り方』をタイトルに

スタートさせていただきます。

投稿はランダムですが、内容のアンテナはこの一点です。

 

人生の節目をこえていく親世代

親の愛情を受取れたり受取れなかったり模索する子世代

 

どんどん進む環境の変化の中で、私たちはどのように

自分を整え、満足する生に近づいていけるか

ご一緒に考えてみませんか。

 

「ミッションって何?」というお声もあると思います。

取り上げたきっかけなども綴っていきます。

 

将来はすべてバラ色でも暗黒でもない・・

発見され拓かれていく潜在的な能力があります。

 

未来に希望をもちながら、リスク管理していく

前向き人間が生きる力を高めていくと思います。

 

宜しくお願いいたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

今日のテーマは、突然ですが、「親が子を応援する」です。

 

親子 人間関係の根っこの部分

 

親の愛情は、いろいろな表現の形をとります。

 

子はいくつになっても子という言葉は

多くの方が我がこととして感じるでしょう。

 

かけがえのない子どもの行く末、心の底だとしても

しあわせになってほしい気持ちはとても強いものです。

 

また、子どもとの葛藤を超えて新しい境地に進む方

ともたくさん出逢わせていただきました。

 

多くの方がリーダーとなると疑いもしなかった方が

その道ではなく、お子さまの優れた潜在的な能力の発揮を

応援する方向に転換される方もいらっしゃいます。

ご自分は表舞台には立たず後見のような立ち位置をとられます。

 

健康でいることで子どもたちから喜ばれている方も

素敵に日々をすごされていらっしゃることが、弾んだお声

で周りの人も分かります。

 

子どもがいらっしゃらない方も多い現代です。

結婚されていらっしゃらない方

望んでもお子さまが生れない方

たくさんいらっしゃいます。

 

一方で、一刻一刻日本のどこかで赤ちゃんが誕生

しています。

 

親子のことはひとくくりに言えるものではありません。

 

その中で思うことです

世界初 類をみない高速の超高齢社会

親から子への無形の財産の引き継ぎ方は・・

個性豊かな形が広がると思います。

 

~Only oneからとどけるOnly one~

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

次回もまたお会いしましょう。

 

Officeアイカレッジ北海道  髙橋慶子

 

 

vol 35 タキシードも作業服も似合う人

 

18 (3)

 

日本の未来を思い、後進の育成に奔走される方から

 

伺ったこの言葉はとても深く心に残りました。

 

この境地に立つには、卓越したさまざまなお力が必要です。

 

女性でいうと正装のドレスを着こなし、ゴミ清掃する姿も

 

びっくりするほど板についているような方です。

 

ピンもキリもその途中も適応できるのは志しをもって

 

自分を磨いていく道のように思います。

 

ひとりひとり年代を問わずみたとき

 

私たちは、自分をどこかに枠づけして、似合う似合わない

 

自分らしい自分らしくないと考えやすい生き物です。

 

社会的な生き物なので、人の目や評価を意識します。

 

他者目線でどう見えるか、とても意識します。

 

まるで、他人のように自分をみていて、もっとこうしよう

 

こうするともっといいとムチ打っています。

 

はじめから諦めたり

 

途中挫折したままだったりするのは

 

かげがえのない自分を見守ってくれる人が誰もいないと思ったり

 

本当に愛してほしい人に愛されていないと思ったり

 

悲しくて苦しい気持ちが影響しています

 

ひとりひとりの方のいのちが輝く道があります

 

あなたならではの個性

 

あなたならではの生き方

 

自分を輝かせましょう

 

「  人は、人に愛されるために生まれる

 

人は、自らを愛するために成長する

 

人は、人を愛するために生きる  」

 

( 筑波大学名誉教授 宗像恒次博士 )

 

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子

vol 34 マイ快適空間をデザインする~その13 プロに思いを話す

 

15 (2)

 

目の前に相手の方がいて、私の人生への思いをお話し

 

する機会をいただくようになってきました。

 

対人援助のしごとは職種も、職域も幅広くありますが

 

多くの方は国家資格の専門職です。

 

それぞれの業務に責任と誇りをもちながら

 

各年代のお客さまやご家族さまに接していらっしゃいます。

 

私も、本気でお話しさせていただきます。

 

素直にお話しさせていただきます。

 

熱くお話しさせていただきます。

 

もしかするともうお会いできないかも知れません。

 

いまの一瞬 いまの出逢い いまのご縁を

 

大切に思えば思うほど、お話ししようという気持ちになります。

 

日々汗を流され、奮闘されてその結果を出されている

 

ご努力の過程に敬意を表します。

 

多くの問題解決に直面され、日夜奮闘されている中

 

お客さまが本当に困ってしまう前に、いくつも選択肢が

 

ある段階で、お客さまや周囲の人が行動できたら

 

対応もスムーズにいきやすく、よりプロの専門性を

 

のびのびと発揮していただけるのではないかと思います。

 

お客さまやご家族さまにも良くて

 

専門職の方にとってもこのましい状況になっていく

 

ことにつながるように感じています。

 

このような方々にお会いすることは喜びです。

 

課題だけでなく解決策の方向性を共感しあえることは

 

職種をこえた喜びにむかっていくように思います。

 

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子

 

 

いまここから輝こう~プレシニア・シニアさまのための基礎講座開催

2015年9月9日水曜日

株式会社プロパティさま応接室におきまして

『あるがままに生きる~いまここから輝こう』を

少人数グループ方式で開催させていただきました。

仕事や活動もさまざまなスタイルが広がり、前の世代

を同じようにモデルにできる時代ではなくなりました。

いまこそ、好ましい自分に変化していく機会ととらえ

他の人の多様な生き方を受け止めつつ、自分をいきていく

ための基礎講座をおこないました。

P1020816

 

vol 33 マイ快適空間をデザインする~その12 場を創る

 

13 (2)

 

『慶子のあるがままに生きる』の時間をいただくようになって

 

第11回目の収録を終えました

 

私は、場に対して思いがあります

 

サロンを開設している方

 

事務所をもっている方

 

店舗をもっている方

 

道場

 

美術館

 

舞台

 

皆さま とても大切にされている場所です

 

番組を収録するスタジオも、ゲストさまをお迎えしながら

 

リスナーの方に心地よくなっていただきたいと発信する場

 

ここも大切な仕事の場です

 

場をととのえる

 

場の空気感

 

場の風土

 

場の文化

 

自分が利用させていただく場であっても

 

大切な場であることには変わりありません

 

こんなことに気づかせていただきました

 

皆さまのお仕事場、休憩の場、休息の場、居場所

 

どれもが快適な空間でありますよう願っています

 

快適空間をデザインする

 

自分がどのようになりたいかはっきりしてくると

 

その創り方が見えてきます

 

創りたいものが見えてくると加速していきます

 

思い描くことができることは加速していきます

 

多くの方が体験しているこの事実が

 

自分の人生をいきることに活用されますように

 

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子

 

********************************

Officeアイカレッジ北海道は4つのアプローチをご提供させて

いただいています

【法人さま向け】

「介護サービス事業所さまの職員定着率改善アプローチ」

「対人援助職の方のための味方をふやす自己成長アプローチ」

【個人さま向け】

「人生を変えていきたい方のセルフコントロール力向上」

「心豊かにすごしたい方のいまここから輝く」

気軽にお問合せください。

**********************************

vol 32 マイ快適空間をデザインする~その11 人に出逢って潜在意識が引き出される

 

P1030527

 

質問をお受けすること

聴かせていただくこと

は私にとって発想の泉が湧きだすこと

 

最近、お逢いする方

お逢いしたい方が

言葉にすることがとても腑に落ちる

 

いままで、学んできたこと

浮上してきたこと

心の奥底に眠っていたものが

お逢いする方をとおして語られる

 

その確度は上がってきている

 

何かが人との出逢いで触発される

 

形になっていなかった潜在意識の大海原が

形をなそうとする

 

ただひたすらに一つのことを思い行動し続ける

 

この確度は上がっていく

 

たしかにこのプロセスを経ている

 

ライフコンパスをもった人間として変化していく

 

人と出逢えば化学反応がおきる

 

こう思えると楽しい

 

こう実感できると人の素敵なところがいっぱい見える

 

感謝の気持ちを素直にもてるようになったこと

 

これが大きい

 

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子