月別アーカイブ: 2015年11月

vol62 60歳からのミッションの創り方~message26「チャンス」chance

 

18 (3)

 

「チャンスに気づく・気づかない。好対象ぶりは、まさに人生のアヤ」

 

ライフコンパス言霊学では

 

チャンスは

 

「一生懸命頑張っている人にある日突然、訪れるもの。

 

つかめる人とつかめない人がいるが、一回くらいつかめなくても、

 

また現れてくれる。」と

 

著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

 

私たちのもつ直感でつかみ取るので、チャンスをつかんだ人が

 

どのようにしてつかんだのか分かりづらいことがあります。

 

 

井上裕之先生は、次の秘訣を伝授してくれています。

 

①    一生懸命に努力している

 

②    いつでも行動している

 

③    チャンスが来たときに、冷静でいられること

 

④    チャンスを逃してもあきらめない

 

チャンスをひきつけるには、日々努力・行動なのですね。

 

貴方さまも、今までたくさんのチャンスに出会ってきたと思います。

 

ふり返ってみられていかがでしょうか。

 

チャンスが次々につながっていくことがあります。

 

自分が切羽詰った強い欲求をもつときその力を増します。

 

チャンスを継続させる力は心からの願いを努力することです。

 

人から言われたことを自分の願いだと錯覚することではありません。

 

自分の心の願いに気づいていないときは、気づく作業が必要です。

 

ミッションをもつことで、潜在意識が良質化し活性化していきます。

 

行きたい港がハッキリすることは重要な意識の変化です。

 

登りたい山道がハッキリすることは重要な分岐点です。

 

ミッションがあると、さきの①から④が加速します。

 

ミッションは一度つくったからと固定するものではなく、

 

成長とともに変化していくこともあります。

 

偶然のように願うことを実現する流れの密度が濃くなる体験

 

ご一緒に体験しましょう!

 

◆きょうのquestion◆

 

あなたにとって過去のチャンスはどんなもので、

 

今一番のチャンスとはどういうものですか。

 

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方 髙橋 慶子

 

つづきは次回「努力」でまたお会いしましょう。

 

 

 

vol61 60歳からのミッションの創り方~message25「練習」exercise

 

13 (2)

 

ライフコンパス言霊学では

 

練習は

 

「本番で結果を出せるように死にもの狂いでするもの。

 

たんなるトレーニングや本番前の肩慣らしではない。

 

練習が主で、本番が従。」

 

と、著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

本番では誰しも緊張します。

 

私たちは、理想の人生に向かうために結果を出そうとします。

 

「結果を出す人は練習で手を抜きません。」真剣勝負で取り組みます。

 

練習嫌い

出たとこ勝負

本番に弱い

 

など本番に対する言葉は多くあります。

 

どんな結果になるか無防備に本番に向かうと自滅するでしょう。

 

目指すものをハッキリさせていくと羅針盤ができるので

 

的確な方向へと舵がとれ練習も効果的にできるようになります。

 

 

「練習の目的は本番で結果を出すためにする。」

 

あなたさまも今まで多くの練習をしてきたと思います。

 

ライフコンパス言霊学の意味づけに照らし合わせると如何でしょうか。

 

私も、いま練習に取り組んでいます。

 

今年の春にミッションを創りました。

 

それを実現するため、目標を決めて行動をスタートしています。

 

本番のときに最高の結果を出すことは、次につながりますね。

 

自分の実力をとらえながら「ここを強化しよう」「ここを工夫しよう」

 

と思います。

 

まだまだすることがあります。

 

こういうことの連続ですが、その中で周りの変化も感じられてきます。

 

喜びとともに繰り返し大量の時間をかけたことは強い再現性があります。

 

自分のものになっているなあと感じられると思います。

 

どんな自分になりたいのか

 

どんな人生を送りたいのか

 

本当はどうなりたいのか

 

本当はどうしたいのか 自分に問いかけることは必要です。

 

貴方さましか貴方さまの人生をおくれる人はいません。

 

◆きょうのquestion◆

 

あなたにとって練習して身につけたものはなんですか。

 

そのためにどんな練習をしてきましたか。

 

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方  高橋 慶子

 

つづきは次回「チャンス」でまたお会いしましょう。

 

 

vol60 60歳からのミッションの創り方~message24「理想」ideal

 

28 (2)

 

あなた様の理想をきかれたときどのように語るでしょうか。

 

ライフコンパス言霊学では

 

理想は

 

「自分自身の『あるべき姿』であり、未来には実現しているであろう

 

『なりたい自分自身』。一生かけて追及していくべきもの。」

 

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

理想は、自分のなりたい姿であり、ロールモデルにみるありたい姿

 

でもあります。

 

なりたい姿をもつことは成長意欲を高めますし、どこに向かって成長

 

していくのか人生の羅針盤をもつことになります。

 

周囲には、理想をいだくことを良しとしないで、ドリームキラーの

 

役割をとる人もいます。

 

そういう人が多いかも知れません。

 

自分が目指すものがあるなら、そのようなことも超えていけるでしょう。

 

ドリームキラーは、理想に向かいたいと願う人の試金石と考えると

 

超えるべき壁を見せてくれるとも言えます。

 

あなたの理想は意味がない

あなたの理想は価値がない

あなたの理想は実現しない

 

もしかすると自分の心の呟きかしれません。

 

自分の気持ちがどれ位強いのか分かる機会になったり

 

実現のために補った方がよいことに気づく機会になるかも

 

知れません。

 

 

理想がないことを人のせいにすることはできません。

 

自分自身のことです。

 

 

かげがえのない自分の心身・かけがえのない人生と思うことに

 

比例して理想の実現は近寄ってくるのではないでしょうか。

 

一瞬一瞬を大切にして日々行動していくようになるので

 

理想が近づいてくるからだと思います。

 

 

好きな成功の定義に、「自ら価値ありと認めた願望を一つひとつ

 

実現していく過程である」というのがあります。

 

自ら価値あると認めた  過程である しっくりいく言葉に出逢う

 

ことも理想に向かうことを応援してくれます。

 

貴方さまのなりたい姿に向かっていくことは素晴らしいことです。

 

そこに生まれてきた意味、使命という命の使い方があると思います。

 

「命の使い方」先日教えていただいた言葉です。

 

 

「一生かけて理想を追求できるのは素晴らしいことであり、とても幸せ

 

なことです。」と井上裕之先生は述べていらっしゃいます。

 

仕舞い込んでいた理想があるなあと思う方は表に出してあげることも

 

大切ですね。

 

私は、20年後の自分のようなイメージワークをしてきました。

 

これからもありありと思い描けるようにしていきたいと思います。

 

イメージをもつことは、貴方さまの理想の実現を加速させてくれるでしょう。

 

◆きょうのquestion◆

 

あなたはどんな理想の自分を描き出し、それを実現するために

 

どんなことをしていますか。

 

貴方さまに寄り添うOffceアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方  高橋 慶子

 

つづきは次回「練習」でまたお会いしましょう。

 

 

 

vol59 60歳からのミッションの創り方~message23「環境」enviroment

 

18 (3)

 

 

とても大切なもののひとつに「環境」があります。

 

ライフコンパス言霊学では

 

環境を

 

「人間関係、状況、立地など、自分を含めたすべてのもの。

 

内部環境と外部環境の2種類がある。」

 

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

 

環境とは自分を取り巻く周りのことをいうと

 

思っていました。

 

ですが、人間理解を深めるようになって、自分も環境だということ

 

自分自身が内部環境だと実感できるようになりました。

 

 

とくに、自分も環境の一部だということが大事だと気づきました。

 

 

自分も意識するしないにかかわらず相手や周囲に影響を与えています。

 

ちょっとした笑顔も声の響きもお互いに影響しあっています。

 

一方的に自分以外の環境に不満をもったり責めたりするものではない

 

と捉えると、課題解決の糸口も見えやすくなってきます。

 

環境の相互作用や循環ということは、自然環境だけでなく、

 

その中で生きている人間関係でもいえることです。

 

それはとても自然な理解でした。

 

また、環境は変えられないものではなく、成長・変化するものだということ。

 

「内部環境から変えていく・・・

 

自分を取り巻く環境を変えるために、まず自分自身が成長していく。

 

多くの人は環境を変えようとする時は、いきなり外部環境を変えようとします。」

 

と井上裕之先生は述べていらっしゃいます。

 

自分を良い環境に身をおくようにということは、多くの先達が

 

伝承してくれています。

 

そして、自分の成長によって環境も良くなっていくことを体験

 

している方も多いと思います。

 

 

自分が成長するから環境も変化し、環境によって影響も受けます。

 

現在の自分の外部環境・内部環境を丁寧にみてあげることは

 

とても大事なことですね。

 

このとき、自分の中で、これはこうだと決めてしまっていることが

 

見方を狭めてしまうことがあります。

 

柔軟性や瑞々しさは年齢に関係なく成長に必要だなあと思います。

 

こういうことを保つのも努力なのですね。

 

 

◆きょうのquestion◆

 

環境を整えるために、これから(または今日)どんなことをしていきますか。

 

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方   高橋 慶子

 

つづきは次回「理想」でまたお会いしましょう!

 

 

vol58 60歳からのミッションの創り方~message22「変化」change

 

産後24

 

変化を好むひと

 

変化を好まないひと

 

がいます。

 

人は保守的な面があります。

 

変わらない、恒常性というのは生きていく上で大事な特徴です。

 

例えアクシデントがあっても、もとに戻る力は不可欠です。

 

それと同じくらい、変化も大事な特徴です。

 

ライフコンパス言霊学では

 

変化は

 

「周囲や環境に適切に対応しながらも、自分自身を成長させていくこと。

 

常に最適な自分であるようにバージョンアップしていく」

 

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

 

最も強い者でもなく

 

最も賢い者でもなく

 

唯一生き残れるのは変化できる者

 

ダーウィンの『種の起源』から教えてくださいます。

 

周囲への適応と自己の成長を両立させる「最適」を追求していくこと と。

 

ここに大きなヒントがあると思います。

 

多くのシニアは、高度経済社会を支え、社会経済の発展に

 

貢献してきました。

 

この環境に適応してきたのです。

 

もうひとつ大事な自分の成長と両立させること・・・

 

これで良かったと自らの人生を全肯定できて最後の日

 

を向かえる準備はここにあるのではないでしょうか。

 

変化も成長と同じように若い世代のものと思い込むことは不要です。

 

自分自身を日々バージョンさせることで、環境に適応しながら

 

変化による充実感を味わい人間としての満足感をもつ。

 

他の人が代ることができない貴方さまの人生

 

他の人が代ることができない貴方さまのアタマ・ココロ・カラダ

 

かけがえのない宝物を慈しみ愛しみましょう!

 

◆きょうのquestion◆

 

あなたにとって変化させたいことは何ですか。

 

また、最適な自分でいるために、今日どんなことをしていきますか。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方   高橋 慶子

 

つづきは次回「環境」でまたお会いしましょう!

 

 

 

 

vol57 60歳からのミッションの創り方~message21「課題」problem

 

P1030806 (2)

 

「課題」の二文字をみるとどのような気持ちになるでしょうか。

過去の「課題」に対する取り組み方が脳裏にあります。

どんな心構えだったでしょうか  積極的? 消極的?

課題のないことが喜ばしいことだと思っていなかったか

例えそう思っていたとしても、チャンスはやってきます。

 

ライフコンパス言霊学では

課題は

「自分自身が成長するために取り組まなければならないこと。

優先順位の高いものから解決していくとよい。」

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

未熟だからこそ内側から成長欲求がでてきます。

人間の本質的な欲求だと思います。

 

必要なのは、自分の課題をないがしろにしないことです。

自分の課題と他者の課題を混同していないか点検することも

ときに必要です。

 

課題を発見したら、問題を見極め対策を決めていきます。

具体的にひとつひとつ行動して改善にむけていきます。

 

井上裕之先生は、

「ひとつひとつ解決していく」

「優先順位の高いものから実行する」と仰っています。

 

課題を分類して、優先順位を決めて重要度の高いものから

順に取り組んでいきます。

 

優先順位を決める時、しなければならないことを高い位置づけ

にしてしまうことがあります。

こなさなければならないという意味で緊急性があることでも、

自分軸に照らして重要性があることか

重要性があるのに後回しにしていることがないのかも

見てあげる必要があります。

 

ミッションから外れないようにしましょう。

 

職場で課題解決をしている人でも、自分個人の課題解決が

あまり進められない人がいます。

 

そういう方も、自分のミッションをもつことによって

優先順位の選択が人生目的に合致したものになっていきます。

 

めざすものを顕在化することにより自分にも周囲にも選択基準

を見える化させることもミッションをもつ効果だと思います。

 

変化を体感するようになりよい循環をつくれるようになります。

 

課題は、自分をへこませるものではなく、前向きに生きていく

エールだと実感してくるでしょう。

 

なぜなら、課題は自分自身にお題(問題)を出す自己研究の

性質をもつからです。

 

◆きょうのquestion◆

今のあなたにはどんな課題がりますか。

その中で今日取り組んだ課題はどんなことで、どんな結果になりましたか。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方 髙橋 慶子

 

つづきは次回「変化」でまたお会いしましょう!

 

 

 

 

vol56 60歳からのミッションの創り方~message20「結果」result

 

28 (2)

 

 

ライフコンパス言霊学で

結果は

 

「現在の自分の実力が如実に反映されたもの。

自分自身の行動の通信簿。

どんなものであれ、納得して受け入れていくしかない。」

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

 

私たちは、毎日毎日いろいろな行動をしています。

 

その結果、毎日のように結果がでてきます。

 

顕在意識で行動していることも

 

潜在意識で行動していることも

 

とっている行動は自分の特徴を教えています。

 

結果は、その行動の結果が数値や事実として表れたもの

 

あることを行ったことでの成果物ですね。

 

 

結果の読み取り方は個人差が大きいと思います。

 

目標に対する達成度

 

どんな変化がみられるのかみられないのか

 

望む達成度にするための考察の情報

 

目標が適しているか

 

何のための目標か 等

 

 

「結果がつらければつらいほど、受け入れるしかない。

そうすることでしか、自分の望む結果を手に入れることはできません。」と。

 

ここが重要なのですね。

 

受け入れたくなければ、受け入れようとするつもりがなければ

 

結果を歪んでとらえる可能性があります。

 

「どんな結果も受け入れる」は勇気も覚悟も必要です。

 

厳しい結果、嫌な結果と思うものでも

 

そこに成長の種が隠れているので、

 

発見の喜びを味わうことができます。

 

結果を一旦受け入れたうえで、冷静に分析して、今回の結果を

 

変化させていくことは創造的なプロセスです。

 

クオリティも高まるこのプロセスは、自分をワクワク

 

させてくれるでしょう。

 

知識でいっぱいになった動けない自分ではなく

 

動き始めた自分の行動の証をみてあげましょう。

 

◆きょうのquestion◆

 

あなたが今日挑戦したことの結果はどういうものでしたか。

その結果を受けて、今後とるべきどんな対応策が見つかりましたか。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

60歳からのミッションの創り方  髙橋 慶子

 

つづきは次回「課題」でまたお会いしましょう!

 

 

 

vol55 60歳からのミッションの創り方~message19「挑戦」challenge

 

P1030527

 

趣味・ライフワーク・仕事が一体になり始めました。

 

これは自分軸のミッションをもったから・・

 

いま自らの中にこのことを確信しつつあります。

 

 

ライフコンパス言霊学では

 

挑戦は

『今の自分を超える行動をすること。「今の自分にはできないこと」

と「今まで経験したことのない新しいこと」の2種類ある』

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

辞書では、相手に戦いを挑むようなものもありますが

自分に対する挑戦をいっています。

 

今の自分にはできないこと

今まで経験したことのない新しいこと

挑戦はこの2種類のどちらかです。

 

貴方さまは、どちらの挑戦をしているでしょうか・・

または、挑戦しようとしているでしょうか・・

挑戦したいけれど立ち止まっているでしょうか・・

 

挑戦は若い人だけの特権ではないことは多くの方が

よくご存じのことです。

 

第二の人生といわれるシニア期を何かを成し遂げたい

諦めかけていたことに取り組みたいと熱意をもつ方は

多いとお会いした方々をとおして実感しています。

 

 

多くのことを成し遂げてきたシニア期だからこそ

成し遂げたいことのハードルも高いかも知れません。

そう思うことによって、二の足を踏むこともあるでしょう。

 

挑戦の機会は思わぬ形でやってくることがあります。

そのとき、「する」「しない」の選択をすることができます。

「迷ったらする」という方は、前進して新しいチャンスに出会います。

 

私の場合・・・

仕事の4本柱

FMパーソナリティー

歌のレッスンを決めたこと

着物を着るときを決めたこと 等

今年の複数の決断が、顕在意識を超えて

自分の統一性としてつながってきました。

 

仕事を成長させること

自分を成長させること

趣味を楽しむこと

ライフワークをもつこと

自分の個性

ご縁を喜び愉しむこと

自分に対するご厚意に感謝すること 等

高みはまだまだですが、確実に関連性が強まりました。

 

全体がつながっているのですから、どこから入っても

統一体として成長していくということを確信できます。

ささやかと思うことも一颯を感じるようになりました。

気持ちは落着いていてシンプルです。

 

これは、自分軸のミッションをもったからだと腑におちました。

ミッションはこんな変化を実感させてくれます。

 

貴方さまはどんなふうになりたいでしょうか!

 

「今日から1日に1つ、日常生活の中でできる「挑戦」を実行して、

それを365日続けていったら・・。365個の挑戦をした1年後には、

これまでとは見違えるような素敵で輝かしい自分に出会えるはずです」

井上裕之先生は、挑戦した1年後をありありとイメージできる言葉を

くださっています。

 

こうなりたいと願う自分をあきらめさせることは不要です。

こうなりたいと願う自分をがまんさせることは不要です。

 

自分のこころの声に正直になれない自分

自分のこころの声に素直になれない自分

そんな自分がいるなあとおもったら

そこを丁寧にみてあげることから始まります。

 

そこにヒントがあります。

自分のことをないがしろにしているツケがあるとすると

その責任はあなたの中にもあるとあなたさまは気づいて

いるのではないでしょうか。

 

潜在意識は、そのことに気づきサインを贈ってくれています。

どうにもならないと思っていることにも活路があります。

 

 

◆きょうのquestion◆

あなたはこれからどんな挑戦をしてみたいですか。

その中であなたが明日挑戦できることは何ですか。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方  髙橋 慶子

 

続きは次回「結果」でまたお会いしましょう!

 

 

vol54 60歳からのミッションの創り方~message18「未来」future

 

18 (3)

 

近日の温かい陽射しの中、札幌の東西南北さまざまの場所

 

に出かけることも多くなりました。

 

相手さまの人となりにふれる希望の時間

 

近未来をご一緒に創る時間となっています。

 

ライフコンパス言霊学では

 

未来は、

「自分が望んでいることが実際に形となって表れる日。

行動によっていくらでも自分の思いどおりにすることが

できる。」

と著者の井上裕之先生は意味づけていらっしゃいます。

 

「未来が来るのか来ないのかは行動次第」 これだけは言える

行動することでしか自分自身の望みを叶えることはできない と。

 

いまを行動している人にとって未来は来るものです。

 

いまを行動していない人にとっても明日は来るでしょう。

 

自動と他動の違いがハッキリしてくると思います。

 

自動の未来は、喜びとして、楽しさとして、明るさとして

 

他動の未来は、気の進まない重荷としてやってくる、負担感

 

を伴ったり、あてが外れてガッカリしたり。

 

なぜなら、自らの課題解決が進まないからです。

 

自己信頼も高まりようがありません。

 

「未来は決まっていない、未来は変えられる

この瞬間から行動を開始するだけで未来は確実に変わる」と。

 

自分の思いどおりというのは、自分だけの好き勝手にふるまうという

 

意味ではありません。

 

キャンパスに自由に描いていく思いは実現するということです。

 

その中心軸は貴方さまの中にあります。

 

◆きょうのquestion◆

あなたはこれからどんな未来がやって来てほしいと思っていますか。

そのためには、どんな行動をしなければならないのですか。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

60歳からのミッションの創り方  髙橋 慶子

 

続きは次回「挑戦」でまたお会いしましょう!