月別アーカイブ: 2016年5月

Vol223 60歳からのミッションの創り方~message184「そのひと流」

DSC_1179-1

 

慶子流に語ってくださいといっていただくとき

きもちがひきしまります。

いつでも、メッセージを発信させていただく責任と

喜びがあります。

 

他の人になにかをお伝えさせていただくことを

たくさんの人がおこなう時代です。

個人のアウトプットの機会はかつてないくらいふえています。

個人も組織もアウトプットをおこなっています。

 

フェイスブックタイムラインとフェイスブックページ

の成長も影響していますね。

はじめたころ、同じ世代の人をみつけて喜びました。

身近なおともだちもずい分つかっている方がふえました。

とても心強いことです。

 

その一方で、直接お話しすることも多くなっていますね。

お話しの上手な方に年輪をかんじます。

 

「そのひと流」

虹のような七色

オーロラのような色どり

そのひと流の音色

そのひと流の味わい

 

個性の花がひらきます

いのち輝いているから、美しいなとかんじてしまいます。

いのちを感じることができるようになったことを幸せに思います。

 

とくべつなことではなかった

いのち

これらのことを自分のことば、自分の実感ではなせるように

なるまでに、わたしは時間がひつようでした。

 

すこしづつ、すこしづつ成長していく時間

ゆるやかでもわずかでも意識していくことで

かならず成長していくのだと思います。

生涯発達を楽しみましょうね。

 

★★「60歳からのミッションの創り方」ご一緒に学びましょう★★

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう。

 

Vol222 60歳からのミッションの創り方~message183「ちはやふる」

DSC_1167

 

青春映画「ちはやふる」前編上の句・後編下の句

東区カフェアカリの素敵な方からおしえていただきました

映画「ちはやふる」とても見ごたえがあるようですね

 

そこから百人一首のひとつ

 

人はいさ

心も知らず

ふるさとは

花ぞ昔の

香ににほひける

 

紀貫之が詠んだものをお書きになったそうです

 

学生時代にならった記憶をたどるのでいっぱいでしたが

熱く語ってくださるお話しに引き込まれました

 

なんとも素敵な出会いをいただきました

お客さまもよろこんでいらっしゃいます

初対面の方も、親しみをこめて話しかけてくれます

 

そんなことが自然にできてしまうお店

あるお客さまが、このお店はすてきだと話しかけてくれます

「これもいい」と、こちらの作品

「あっちにもある」と

我がことのように喜んでいらっしゃいます

 

温かなお店の空間

お話しがはずむアフタヌーンティの時間

ひとときひととき人生の時間をきざみます

 

★★「60歳からのミッションの創り方」ご興味のある方

ご一緒に学んでみませんか★★

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう。

 

 

Vol221 60歳からのミッションの創り方~message182「セイフティネット」

DSC_1166

 

セイフティネットは、通常、個人や組織に経済的リスクが

でてきたときの対応のしくみを指しています。

「いのちづな」という言葉もつかわれます。

 

今回テーマのセイフティネットは、社会的な制度や仕組みではなく、

ひとりの人の生きるネットワークとして表現しています。

 

社会的な制度や仕組みがすべてではなく、動かすのは人間です。

個人のネットワーク、人脈は、その人が築いてきたものとして

社会的に尊重されています。

 

仕事の人脈・ライフワークの人脈・趣味の人脈・その他の人脈

というかたちで、大切に育てている間に、思わぬコラボレーション

がうまれることは、よく体験されているとおもいます。

そういう大切な人脈であっても、変化はありますね。

 

転勤、退職など環境が変わって、人の繋がりに変化があったとしても、

関係が変わっていかない人たちがいます。

 

ここぞというときに、心から応援しあう間柄

うまくいかないときにも、励まし合える関係

人間関係の深さは、こういうときにお互いに分かってきます。

 

わたしは、このような間柄は、その人にとっての

セイフティネットのような存在ではないかと考えています。

自分と相手の人が、生きていることを、ともに喜び合えるために

あるのではないかとおもいます。

 

自分にとってのセイフティネットは誰なのか

相手もそう思ってくれているのか

お互いの信頼をふかめる腹を割った交流がのぞまれます。

 

自分の内側をうごかし、外側にいる相手に働きかけていく

自分の足で立っている、あるいは立とうとしている自立型人間関係

けして依存型人間関係ではできないことです。

 

この関係は、お互いにミッションをもって敬意を感じながら応援しあう

いのちづなと思うくらい大切なパワーパートナーだとおもいます。

あなたは、どのようにお感じでしょうか。

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう。

 

第46回目『慶子のあるがままにいきる』の放送がありました。

5月17日生放送をおこないました。

テーマは「あるがままにいきる」のQ&Aをおこないました。

詳しくは、メディアコーナーをご覧ください。

ヘルスプロモーションコーナー前編・後編をお聴きいただけるよう

準備中です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

番組パーソナリティ 高橋慶子

13230676_982794861775263_502649122_o (2)

 

Vol220 60歳からのミッションの創り方~message181「情報と同化する」

13230676_982794861775263_502649122_o (2)

 

目の前の情報を自分にとりいれるプロセスがあります。

学んでいる情報を自分の課題と関係づけることが必要です。

自動的に良い情報をえらびとれる行動になるまでには、意識で

考えていきます。

 

たとえば、健康の情報を学ぶ人がいます。

健康と食は、大切なかんけいですね。

ある食品の知識をまなぶ機会があって話しをきいています。

職場からメタボと指摘されて、いろいろ工夫しても変化がないので

内心いやになってきていました。

 

新しい食品の知識は、いくらか興味があります。

その食品は、健康のためによいと研究されているそうです。

根拠を話してくれる人も信頼できるひとです。

 

どうすると、この情報を自分にいかせるか考えはじめました。

せっかくの時間をさいたので、なにも活かさないのでは

もったいないとかんがえはじめました。

 

自分のメタボの課題をよくかんがえようとしはじめたところから

情報との同化がはじまっています。

この情報を自分に役立てようと考えはじめました。

自分で試してみると改善するかも知れないと思うようになりました。

 

市販されているのかされていないのか知りたいと思いはじめ

試供品が手に入れられないか知りたいと思いはじめ

同化がすすんできました。

 

知的好奇心で学びはじめると、情報過多とかんじるときが

やってきます。

そのとき、情報収集をつづけるひともいますが、散漫に

なりがちです。

自分と関係づけられない情報は、知識だけとしてアタマの貯蔵庫

にいれられますが、そこは乱雑な場所になります。

貯蔵庫にいれないと決めることも、判断できるからです。

 

自分の課題に役に立つ情報をえらびとり、実際に使えるひと

になることで、自分への確信が生まれてきます。

学びを行動にかえることができる自分に、少しづつ自信も

でてきます。

情報があふれている社会で、建設的に生きていくための

自分の考え方がいっそう必要になります。

★★「60歳からのミッションの創り方」ご一緒に学びませんか★★

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう。

 

 

Vol219 60歳からのミッションの創り方~message180「はにかみ屋さんのあなたへ」

DSC_1163

 

思いをことばにすることはやはり凄いことですね

ことばにするまでにあった試行錯誤も紆余曲折も

ことばにすると、やはり進んでいきます

 

ことばにしようと決めたこと

そのこと自体大きな一歩だったとおもいます

決めて行動したことは、次の一歩だったとおもいます

 

はにかみ屋さんのあなたへ

 

そのことばのなかに秘められた情熱

いつしか伝わりよい助言がでてきます

現実をみると、批判的にみたほうがよいことだったとしても

愛あることばを引き出すあなたの思いがあります

 

語ってみよう

聴いてみよう

こころの声に耳をすましてみよう

 

人のこころの温かさが引き出されていきます

なにかできることが見つかっていきます

なにかしたほうがよいことが見つかってきます

 

それはあなたが自分ひとりだけじゃないときづくとき

応援されていると感じられるとき

たくさんの愛がそそぎこまれるとき

 

はにかみ屋さんのあなたへ

あなたの情熱がほとばしりでてきます

人間っていいな・・・

 

★★「60歳からのミッションの創り方」ご興味のある方

ご一緒に勉強してみませんか★★

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう。

 

 

Vol218 60歳からのミッションの創り方~message179「システムを創る」

18 (2)

 

昨年,ラジオにゲスト出演していただいた「お茶の間『くるくる』」

札幌市白石区で活動されています。

ご自宅の大きなガレージを改修した自宅開放サロンの

札幌の草分けとご紹介しています。

 

活動の見本となったと紹介いただいたのが新潟で支え合いの

仕組みづくりです。

 

平成元年、認知症の夫の親たちの介護にあたるため、

退職して単身で大阪から新潟にもどる。

がんの予後外来に通院しながら、当事者の立場から

「介護しながら自分の人生を大切にしたい。介護される側の

人生も大切にしたい。そんなシステムを創りたい」と

呼びかけたそうです。

 

住民参加型在宅福祉サービス「まごころヘルプ」

常設型地域の茶の間「うちの実家」

異業種交流「夜の茶の間ネットワーク」

地縁づくりの「ご近所談義」など多様な住民参加型の助け合い、

異業種ネットワークを賛同する人達と一緒に創り続けているそうです。

 

平成26年に新潟市で地域包括ケア推進システムを構築するため

モデル的に設置された居場所とうかがいます。

 

自治体としてのシステム構築の方向性

個人の仕組みを創りたいという願い

時代の要請があいまった仕組み創りと思いました。

 

地域という考え方も人により多様です。

地域に住んでいるという当事者意識も多様です。

時代の影響

時代の常識の影響もあります。

成果を創った地域の活動に学びながら、札幌で発信する方も

受けとる側も、公私の区別にも柔軟性や多様性がでてきて

いるようにおもいます。

 

現実の少子高齢社会にいのちを輝かせる

たずさわっている分野は異業種間であったとしても

ミッションが共感し合えると進んでいくものがあると

かんがえます。

 

個人のミッション

異業種の人たちのそれぞれのミッション

個人があつまった地域のミッション

個人がくらす自治体のミッション

 

ひとりの情熱が地域にあたらしいシステムを創る原動力

になることも大いにありそうですね。

そのひとりは、市民、企業の経営者や社員、NPOの理事長や理事や会員

一般社団法人や任意組織の代表理事や理事や会員、自治体の長や職員、

大学などの研究機関や学生、有識者などなどどなたにも可能性があります。

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう!

 

講演をいたしました。

DSC_1165-1

 

医療法人社団 豊生会主催の豊生会ふれあいワクワク広場

で講演の機会を頂戴いたしました。

歌わせていただいたのは「かあさんの歌」

みなさまとご一緒に歌いました。喜びが高まる時間です。

 

ご準備くださった長井グループホーム長さま

司会進行役の田原NPO法人ニルスの会事務局長さま

ご厚意心より感謝もうしあげます。

Officeアイカレッジ北海道 高橋慶子

 

 

Vol217 60歳からのミッションの創り方~message178「使命感でうごく」

メンタープログラム合宿2の❶

 

講演のご依頼をいただくとき

対象となるご参加者の年代や性別、社会的な状況や健康度は

ずい分ちがいます。

 

当日の心境、参加する目的、興味があるところは、同じでは

ありませんが、人は正直にお顔にかいてありますね。

こういうとき、わたし達はウソを付けない生物なのだと思います。

 

さて、講演は

お伝えしたいことを、人につたえる

ご依頼されたことを、人につたえる

初対面のときも、継続のときもあります。

 

規模は、主催者さまの計画ですが

100人×何倍という方々の前で

お話しさせていただく機会の方が多くなりました。

「一回一回最大のパフォーマンスをする」がミッションです。

 

内容はオリジナルです。

お客さまに喜んでいただくあらゆる工夫をいたします。

 

ところで、カント哲学で紹介される知・情・意からみる心の

はたらきがあります。

わたしは、哲学に造詣がふかいわけではありませんが、

脳裏に浮かんできたので、すこし触れてみます。

 

お伝えしたいことの入り方です。

知から入る

情から入る

意から入る

 

それぞれの特長があり、ご参加者の反応も変わってきます。

直感や分析力も活かされるユニークな選択になります。

 

ご参加者の“喜びを創出する”講師の業だとかんがえています。

使命感に服をきせた講師です。

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう!

 

Vol216 60歳からのミッションの創り方~message177「現役時代のあるがまま」

IMG_20160503_175954

 

「あるがままにいきる」ことは、第二の人生の人のことで

現役時代のこととは違うと思う方がいます。

また、中には、好き勝手に自由にいきることと思う方

いるかも知れません。

 

老子のことばをみていくと、自然体

現代では、相手のあるがままを受容するなど、その人本来の姿を

受け入れるという意味合いでつかわれています。

 

「あるがままに生きる」は、

社会的評価と本来の自分とのバランスをとった生き方の提案です。

 

社会的評価は、

第一の目的として求めるときと

本来の自分を活かして、周りの環境と自分をととのえながら

結果的に、社会的評価をえる、社会的影響力をもつという

二通りがあります。

 

社会的評価は、自分で決められるものではありません。

第一目的が、評価を得ようとする行動とすると、身体に緊張状態を

つくります。

カラダをささえる筋肉は、緊張して動かすしくみがあります。

 

過緊張状態がながく続くことは、好ましいことではありません。

過緊張状態になると、ストレスホルモンが分泌され続けます。

 

「あるがままに生きる」は、第二の人生にかぎらず

現役時代に身につけていただきたい健康予防のスキルです。

そうして、現役時代を乗り切っていただきたいと思います。

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう!