vol 17 元北海道技術吏員(保健師)のオカンが綴ります~エッセンスその8


見つけたもの エッセンスその8

『紳士淑女の生涯発達』

 

人間には加齢現象がありますが、大いに個人差が

あることに、いまも新鮮さを感じます。

 

ご縁で、活き活きハツラツ素敵な紳士淑女に

お逢いすると、とても刺激されます。

 

元気な方々がふえていくと、未来への希望が増して

いくことでしょう。

 

私にとって生涯発達の理論はとても興味深いものです。

 

8月4日エフエム白石放送の『慶子のあるがままに生きる』

のゲストとしてご出演いただきました北海道新聞社生活部

編集委員の福田淳一さまのお言葉が印象的でした。

 

シニアの合言葉といえる位「迷惑をかけたくない」の言葉

をお耳にされていると。

「迷惑をかけたくない」という言葉の背後にある感じ方も考え方も

個人差があると思いますが、本当はどうしたいのかが解決の

糸口になるのではないかと感じています。

 

子世代の方も、意識していない不安のような感情の背後に

「できない」、「無理」と決めているようなところがないだろうか

と思いました。

子世代の方々のストレス・マネジメントに関わらせていただく

ことを大切にしていきたいと思います。

 

心の呟きを語れる人がお一人でもお二人でもいることは幸せなことですね。

 

周囲の応援を感じつつ、気になっていることに前向きに行動できると

自分への信頼も高まっていくでしょう。

 

前向きな心構えの紳士淑女と子世代がふえていくと、難しくではなくシンプル

に考えられて、改善のアイディアも湧いてきやすいのではないでしょうか。

 

「人は生涯発達する」

 

大脳の前頭葉・海馬・扁桃体の3つを安定させて決断力を高め

身体の細胞の隅々まで息吹くように労わってあげると、細胞は

喜ぶと思います。

 

脳科学の知見、遺伝子発現学の知見、生物学の知見、免疫学の知見

健康行動科学の知見等々が相まって、人生設計に力をかしてくれます。

 

ワクワクする希望になって、その希望がさらに細胞を活性化させる。

 

誰にとっても、自分の加齢現象は人生初体験ですが、第二の成人式

のように思って、心豊かにすごしていきたいですね。

 

「紳士淑女の生涯発達」

生涯発達を実践し心豊かなシニアたちは、きっと未来に贈る無形の財産を

子世代・孫世代が愉しみに待ってくれることを喜ぶのではないかと思います。

知力も高まりますます磨きのかかった素敵な大人になられる。

そう確信します。

最後までご覧くださりありがとうございます。

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子

 

青色23歳服 (2)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です