vol 23 マイ快適空間をデザインする~その3情熱が伝わり行動をかえる


『マイ快適空間をデザインする』

その3 情熱が伝わり行動をかえる

 

直感と友達の輪ですてきな体験をさせていただきました。

 

ある方にお願いしようと思ったことがありました。

思ってもみなかったところになりました。

その準備会場に着いて、胸が高鳴りました。

 

私の父は、天然に足が速く陸上の選手でした。

その影響で、私も子どもの頃から足がはやく運動会では

とても目立ったほうです。

 

陸上部にも所属し地区記録を更新して、中距離やマラソン

大会でも完走したことが次々とよみがえってきました。

これは会場の空気感や匂いの感覚ですね。

 

そして、向かい合う方の大切にしているものにふれることは

こころが感じて動くことでした。

 

大会当日、はじめて沿道にたってみる気になりました。

この時期、ほとんど札幌を不在にしていました。

ヨサコイソーランで長く荷物もちをして以来です。

 

お友だちの皆さんが走っている姿にあえたらいいな!

いっぱい声援をおくろう!

偶然、TOPランナーがくるのを待っている道庁赤レンガ

前で応援できました。

ずい分沢山の人がきていて躍動感が漲っています。

ひとりひとりの走者の息づかい・表情・足のはこびみんな

個性的でした。

ここも「いのちが輝いている」

 

熱意をもって取り組んでいらっしゃることを

写真で拝見するとの、その場の雰囲気を実感する

大差が分かりました。

熱い篤い思いを感じました。

良き環境にいると、好きな人たちのそばにいると

行動が加速する

チャンスがふえる

道庁赤レンガ庁舎や北大構内の景色を楽しみ

戻った道のりで気になるお店も発見しました。

 

情熱が湧き出ていると、それを自然に感じて共鳴する。

頭で分かっていること、また一つの体験をとおして

学ばせていただきました。

何かに向かっているお姿は、やはり美しいですね。

Officeアイカレッジ北海道 代表 髙橋 慶子

 

09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です