vol 37 60歳からのミッションの創り方~エピローグ


 

18 (3)

 

2015年9月22日フェイスブックタイムラインに

本テーマでスタートのご案内をさせていただきました。

 

そのとき綴ったものが

『60歳からのミッションの創り方』エピローグとなりました。

 

なぜするのか

何をしたいのか

ざっぱくですが、お示しさせていただきました。

 

初めてすることは勇気がいります。

 

すなおに申上げると葛藤はありました。

 

私の選択は「だからやめる」ではなく「やってみる」でした。

 

行動してみなければ分からないことを頭だけで決めようと

 

しても無理があります。

 

実際の行動から学ぶ道を選択いたしました。

 

エピローグとなった全文を載せさせていただきます。

 

「 皆さま いつもありがとうございます。

 

今回よりblog『60歳からのミッションの創り方』を

 

スタートさせていただきます。

 

60歳以降になると、プラチナ・シルバーなど

 

貴重な宝の名前でよばれる世代に入っていきます。

 

個人の希望は聞かれませんが

 

私は、人に本来備わって いる免疫力や自然治癒力を高めていく

 

優美な “グレイスフル 世代” と呼びたいと思っています。

 

いかがでしょうか?

 

    男性の方も女性の方も、多くの方がさまざまな試練を

 

超えて今を向かえていらっしゃると感じています。

 

60代、70代、80代、90代、100歳代と続く人生の 歩みは、

 

今までよりもさらに心豊かにすごしたい時期ではないでしょうか。

 

 

私は、”前例主義が通用しない新型高齢社会” と思っていますが

 

前向きで意欲的な方も多く、集大成を遂げたいと思って いる方々の

 

声が寄せられます。

 

一方で、体調不良や生活基盤の不安、認知症への危惧、

 

孤立死等も身近な話題として耳に入ってきます。

 

 

60歳以降、ひと昔前でしたら余生を送る世代でした。

 

 

私自身、未来のさまざまな課題を自覚しつつも、

 

喜び多い日々の暮らしを願う一人です。

 

 

「ミッション」耳慣れない言葉かも知れませんが、

 

自分の人生の軸となるミッションを創り行動すること により、

 

凝縮した時間をすごすようになってきています。

 

 

人生の秋の章、冬の章を歩んでいこうとする方々と

 

喜びの日々を創っていく道標を、ご一緒に考え

 

解決法を提案させていただきたいと願い、

 

これからも研鑽いたします。

 

 

そして、子世代の方々の親との佳き関係づくりに

 

発展するなら、なおのこと嬉しいです。

 

 

次回もまた貴方さまとお会いできましたらうれしいです♡

 

さいごまでご覧くださいましてありがとうございます(*^-^*)

 

Officeアイカレッジ北海道 髙橋 慶子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です