vol134 60歳からのミッションの創り方~message95「魅力」charm


IMG_20160218_102551

 

とても惹きつける方がいらっしゃいます。

全身からにじみでる何か、全身から発する何か

その実体は説明がつかなくても、たしかに人を惹きつける

魅力にあふれています。

 

こんな魅力的な人がたくさんいると、世の中楽しいですね。

 

ライフコンパス言霊学では、魅力は、「一見すると相反するもの、

矛盾するものが両立しているところに生まれるもの。本人の意図

しないところでつくられる。」と著者の井上裕之氏は意味づけていらっしゃいます。

 

具体例でいうと、「美しさと強さ」

たとえば、こんな感じでしょうか。-上品と面白さー豪胆と涙もろさー

「本来なら両立しそうにもないものがお互いに補い合うかのように

並んでいるからこそ、魅力が生まれます。」と。

 

さて、私は、魅力を相反と両立という感覚で着目したことがありません。

そんな風に捉えていなかったということに、気づきました。

魅力とはどういう状態か、新しい気づきになると思います。

 

そうすると、相反と両立は考えてできるようなことではなさそうですね。

相反するということは、通常ならこうでしょうというのが、あの人は

違うという感覚のようです。

 

そこで、私は、性格の基となる気質学のコーチングをしていることと

合せてとらえてみました。

そこでは、複数の特徴をもつ人がいるので、ひとりの人が一見別の

特徴をもつ感覚は分かります。

 

例えば、「モテタイ気質」と「セワヤキ気質」「マイペース気質」

「キッチリ」「ピリピリ」「イキナリ」の64通りの組み合わせがあります。

ぜんぶスイッチ・オンしている人もいます。

この自己発見を喜んでくださる方がたくさんいらっしゃいます。

 

そうすると、、「魅力」じたいは、他の方が感じてくれるものだと思いますが、

相反する特徴をもっていても気にしなくていいということでもあるなと思いました。

GAPも自己成長していく中で、魅力としてみえる時期がくる可能性がありますね。

 

ある方がある時期、自己矛盾だと思ったことがあるとします。

そのことを受け入れ、成長していくことで楽しみに変わるかも知れませんね。

自己矛盾のように感じた人は、成長したい意欲も強くなるのではないでしょうか。

変化していこうとする行動が、魅力を生む要因のひとつかも知れないと思いました。

 

私たちもご一緒に、魅力的な人になりたいものですね。

あなたさまは、どのように思われたでしょうか。

 

◆きょうのquestion◆

あなたは自分の中の相反するもの、あるいはアンバランスなものを

どう調和させていくと、自分だけの魅力になると思いますか。

具体的に「コレとコレ」と挙げて、ここでシェアしていきましょう。

 

❤あなたさまのパートナー ”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドのスペシャル健康プランナー 高橋 慶子

健康マレッジ・カウンセリングをおこなっています。

ブログ【60歳からのミッションの創り方】

FMパーソナリティ【慶子のあるがままにいきる】

つづきは次回「笑顔」でまたお会いしましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です