vol135 60歳からのミッションの創り方~message96「笑顔」smile


IMG_20160118_124615

 

学びの場所でも、生活の場所でも笑顔の大切さを語られない日は

ないのではないでしょうか。

笑顔は明るさや光や輝きともつながり、心地よい空間をつくります。

笑顔でない人と笑顔の人では、やはり笑顔の人に近づきたくなります。

 

笑顔の「笑」は笑うということですね。

私が最初にお会いした経営者の学びの場のスーパーヴァイザーをされて

いた女性の方から「和顔施(わがんせ)」という言葉を教えて貰いました。

 

体験から見つけ出したり、教えて貰ったりしながら、「苦しくても笑顔でいる」

と福がやってきた、という素晴らしい体験もよくおききしますね。

親との関係でも、「慈しみ愛された記憶」が有る方は、お父さん、お母さん

の表情は、ほとんど笑顔でしょう。

わたしは、笑顔は愛情表現だと思います。

 

ライフコンパス言霊学では、笑顔は「生きる力そのものであり、

人間関係の必須事項。人間が生れ持っている最高の能力・スキル。」と

著者の井上裕之氏は意味づけていらっしゃいます。

 

赤ちゃんは「笑顔の達人」

「笑顔でいるための3つの習慣

1つ目、楽しむ。どんなことでも楽しもうと思う。

2つ目、喜ぶ。誰かに起こったイイコトを一緒になって喜ぶ。

3つ目、感謝す。どんななことでも」

 

この3つは、いつでも、どこでも、どんなときでも行うことで習慣に

していくことができます。

井上裕之氏のお話しで、「習慣」ということをよく耳にします。

習慣化のプロセスは大切ですね。

 

いつでも、どこでも、どんな時でも続けることが基本に必要なのですね。

法律の勉強をしていると、問いにたいして「場合分け」という整理の仕方

をして、レポートを書いたことが結構あります。

 

ですが、日常の生活では、場合で分けていると習慣にできないようです。

また、健康面からみてみると、「笑顔」が免疫力を高める効用も

よく知られています。

 

私は、心の奥から湧き上がる喜びがつくる笑顔が好きです。

自然に笑顔がたくさんできるようになりたいと思います。

 

笑顔美人・笑顔の紳士淑女・子どもたちの笑顔・シニアの笑顔

笑顔が花さく街はあったかそうです。

顔の筋肉を柔らかくしながら、幸せを思うと笑顔になりますね。

 

◆きょうのquestion◆

あなたは今日1日、どんなときに笑顔でいられましたか。

笑顔でいられなかったときはどんなときでしたか?

 

❤あなたさまのパートナー ”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドのスペシャル健康プランナー 高橋 慶子

健康マレッジ・カウンセリングをおこなっています。

ブログ【60歳からのミッションの創り方】

FMパーソナリティ【慶子のあるがままにいきる】

つづきは次回「気配り」でまたお会いしましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です