Vol196 60歳からのミッションの創り方~message157「認識する」


DSC_1121

 

目の前の情報がどういうものか、正確にとらえることは

意外にむずかしいことかも知れません。

好き嫌いの感情がはいったり、もっている知識にもとづいて

こういうものだという先入観がでやすいところがあります。

 

情報が不足して限られたものしか入っていなかった時代と違って

あふれる情報から選択する時代になって久しくなります。

ひとりひとりが情報の収集・選択・判断の達人になると

どうしようか困ることが少なくなります。

 

情報を上手にあつかうことができることも力です。

すぐれた情報とされたものがお金に代っています。

 

そのため、情報のなかから価値あるものを見極めること

自分にとってプラスになるもの

大切な人たちを守るもの

社会に有益なもの

など、情報の優劣が競われています。

 

情報を判断しえらびとる人は、情報の主人公になります。

ふだんはあまり困っていなくても

いざというとき効果的な情報をえらびとるトレーニング

を無意識におこなっていると考えられます。

 

医療にかんする情報

介護にかんする情報

相続にかんする情報

など毎日ひつようでない情報ほど、いざというときの

情報の優劣さで、結果も満足感もかわってきます。

 

充分なことができなかったという後悔にもつながりやすいので、

自分がほしい情報の性質を自覚することも良いとおもいます。

 

人生の自分軸のミッションをもっていると、情報のみきわめにも

とても力を発揮します。

 

***「60歳からのミッションの創り方」をコンセプトとする

元北海道職員の法学学士  家庭訪問一万件以上の地域活動をおこなう

わたくしからの“あるがままメッセージ”***

 

ある情報にであったとき、知っている知らないで決めつけないことです。

知識の数や知識のあるかないかがゴールではありません。

その情報が、どういう内容なのかを認識し正確に理解することで

自分に役に立たせることができるかどうか変わってきます。

情報選択の主体者になることは、人生の主体者になる道につながります。

 

❤”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ北海道

”いのち輝く”オーダーメイドの健康プランナー 高橋 慶子

❖ 成長を加速する『あるがまま健康メソッド』

❖ 健康マレッジ&カップル・カウンセリング

❖ ブログ『60歳からのミッションの創り方』

❖ FMパーソナリティ『慶子のあるがままにいきる』

毎週火曜午後3時、再放送金曜午後3時と日曜午後4時

FM周波数は、83.0 MHz
PCはFM白石 インターネットラジオ with-s@830.fm

スマホはモバイル→ http://tunein.com/get-tunein/ から
無料アプリをダウンロードしてお聴きになれます。

❤それでは、また次回お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です