vol53 60歳からのミッションの創り方~message17「希望」hope


 

P1030527

 

ライフコンパス言霊学では

希望は

「自分自身が自分のためにつくったココロのエネルギー。

世界中のどこを探しても見つからず、自分の心にしか存在

しないもの。」

と著者の井上裕之先生は意味づけています。

 

希望に燃えて

希望を胸にいだいて  など

私たちは希望という言葉に未来にかける望みや将来の明るい

見通しを感じます。

 

たとえ暗闇の中にいても、たった一雫でも希望を見いだせれば

そこに向かっていくことができます。

希望はとてもパワフルなエネルギーです。

 

3年ほど前に、健康を増進していくヘルスプロモーションという

ことをホームページに書いても誰も見ませんよと書き直しの

助言を受けたことがあります。

 

今年になって、ある高名な医師の方が同様の体験をされたと

教えてくださいました。

その高名な医師は諦めませんでした。

 

私も、意を同じくできる方とお会いできて

諦めてしまわなくて良かったんだと思いました。

 

諦めていたら、今の行動はなく、この先生ともこのような

交流はできなかったと確信できました。

 

助言をいただくことはありがたいことです。

くださる方の感じ方・考え方

いただく側の感じ方・考え方

によって相互作用が生れてくるもの

コミュニケーションによって成立するものだ

ということにも、改めて考えが及んだ体験になりました。

 

自分が前に進むことを諦めなかったから、今これがあるという

体験は、貴方さまもいくつもされているのではないでしょうか。

 

「希望は、決して絶えることはありません。あなたが捨ててしまわない限り・・」

「希望は世界のほかの場所にあるのではなくあなたの中にしかないことです」

と井上先生は述べていらっしゃいます。

 

苦しいと、ついどこかにあるのではないかと探したくなります。

 

しかし、どこを訪ねていっても、そこに自分の希望はないのです。

 

自分の心につねに宿っているもの、そう気づくと希望さがし

はいらなくなります。

 

「自分で希望がほしいと思えば、喜んで湧き出てくるもの」  と。

 

私は、ミッションを創ることができたことで

この希望の泉がココロの中に湧き出つづけるものだと

実感するようになりました。

 

他の人のところや他の場所に、自分の希望を預けているのではなく

自分のココロに備蓄していたことに気づいたあなたさまは、

もう希望を創りだす人です。

 

◆きょうのquestion◆

あなたは過去にどんな希望を抱いたことがありますか。

またこれからどんなことに希望を持とうと考えていますか。

 

続きは次回「未来」でまたお会いしましょう。

 

貴方さまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

 

60歳からのミッションの創り方  高橋 慶子

 

*********************************

Officeアイカレッジ北海道の4本の柱

【個人さま】

人生を変えたい方のセルフコントロール力向上

心豊かな人生をおくりたい方のあるがままに生きる~いまここから輝く

【法人さま】

対人援助職の意欲を高める自己成長アプローチ

介護サービス事業者の職員定着率改善アプローチ

**********************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です