vol73 60歳からのミッションの創り方~message37「財産」property


 

18 (3)

 

ライフコンパス言霊学では、「財産」は

「自分自身が努力して身につけたものであり、

それを活かすことで人生を豊かで充実させられる。

目に見えるものと見えないものの2種類ある。」

著者の井上裕之氏は意味づけていらっしゃいます。

 

それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

 

◆目に見える財産は、お金に換算できるもの

増えることも減ることも有り、ゼロやマイナスになることもある。

はかないもので追えば追うほど疲弊し空しくなる。

 

◆目に見えない財産は、感動や人間関係、経験や知恵、アイディアあるいは夢

一緒に行動するようになるとハッキリ分かるようになる。

減ることはめったになく、もしゼロになってもマイナスになっても

リカバリーできるもの。もてばもつほど人生は充実する。

 

豊かな人とは目に見える資産と見えない資産の両方を満たしている人

本当の資産家といえると述べられています。

 

目に見える財産は分かりやすく、また必要なものです。

生命をつなぐ生活基盤を整えるため、自分の成長のためにする投資もあるし

より豊かさを実感する消費もあります。

お金を愛し大切にすることの教えはとても価値あることです。

 

また、私は、目に見えない財産について関心をもつようになりました。

次世代に何を伝えていきたいのかと考えてからのことです。

 

以前は、早く生まれた人間が、後に生まれた人の数歩先をいくのでは

ないかと思い、背筋を伸ばせる自分でありたいと思ってきました。

 

まだ気負っていたかも知れないと今なら思います。

 

私が大事にしているのは、どう時代を生きてきたか、どんなふうに

問題を解決したり危機対応してきたか、どんなふうに良い環境を

つくるように努めてきたかなどを子孫に伝えることです。

関心をもってくれる次世代にお伝えしたいことです。

 

それは、逞しく生き延びてほしいと願う種の保存の本能では

ないかと思います。

人は自然体で逞しく脈々と営みを続けてきたのでしょう。

その生命力をささえるための2つの財産ともいえるのでは

ないでしょうか。

 

目に見える財産と目に見えない財産があり、どちらも大切で

どちらも継承されるものだと私は思っています。

 

◆きょうのquestion◆

あなたは現在、目に見えない財産をどれくらい持っていますか。

また今後、それをどう活かしていきたいですか。

 

あなたさまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

60歳からのミッションの創り方 高橋 慶子

つづきは次回「本気」でまたお会いしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です