vol78 60歳からのミッションの創り方~message42「集中力」concentration


28 (2)

 

集中とは、「自分自身が取り組んでいるモノ・コトと一体化するくらい、

すべてをかけて取り組むこと。成果を出すためにする。」ライフコンパス言霊学で

著者の井上裕之氏はこのように意味づけていらっしゃいます。

 

「すべてをかけて取り組む」

「自分自身がその対象と一体化すること」

没頭しているからそのように感じるようになる証拠と。

 

集中する環境をつくる3つのコツを教えてくださっていますが

とくに「3つ目 今この瞬間のことしか考えない」

が印象的でした。

 

◆その対象と一体化する

◆この瞬間のことしか考えない

 

一心不乱におこなっている様です。

 

ことしあらたに行うようになったことにラジオのパーソナリティ

があります。

お話しがあってから2週間後にスタートしました。

 

番組表・毎回の内容は積みかなさなり、年間のスケジュール表と

準備計画になりました。

数か月先の準備をしながら今の準備に集中する必要があります。

電波をつかってご提供するものへの責任感があります。

 

リスナーに喜んでもらう

ゲストに喜んでもらう

ゲスト・ディレクター・スタジオのマネジメント

とにかくやりきることしかありません。

 

開始から半年たちました。

毎回の積み重ねは私の財産になっていると自覚できるようになったのです。

26個の個性的な財産です。

見える財産は現在進行形の実績ですが

見えない財産が大きいことに気づきました。

ゲストとの終了までのプロセスの共有の価値でした。

素晴らしいものをいただいています。

 

そして素晴らしい音楽にふれるようになりました。

私の芸術性を花ひらかせてくれています。

私の企画への思いをひらいてくれています。

私の願望をひらいてくれています。

私のミッションを花ひらかせてくれつつあります。

 

ミッションを創ったわたしのまえにあらわれたそれはギフト

でありレッスンでありプロセスだったのです。

そこにはいつでもどこでもどんなときでも

ミッションを思う私ができていました。

 

パーソナリティのご紹介をくださった札幌じゅん先生

オーナーのりえぽんご夫妻

ディレクターの栗田さん

 

ゲストのみなさま

リスナーのみなさま

ライフコンパスをともに学ぶ仲間

そしてブログをご覧くださっているあなたさま

 

そして私のチャレンジをきっとハラハラしながら応援してくれる

家族にむかって

「ありがとう! ありがとう!」

 

ミッションとの出逢いに導いてくださったライフコンパス

提唱者の井上裕之先生 ありがとうございます。

ゴールがまだまだですが一歩を一歩進んでおります。

 

◆きょうのquestion◆

あなたは集中する環境をちゃんとつくっていますか?

 

♡ あなたさまに寄り添うOfficeアイカレッジ北海道

60歳からのミッションの創り方 高橋 慶子

 

つづきは、次回「飛躍」でまたお会いしましょう!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です