2019.3.4「健康情報を使いこなす力~職場の健康格差」


今週の第194回におとどけしているテーマは

「健康情報を使いこなす力~職場の健康格差」

健康日本21(第二次)の基本方針の1つに

「健康格差」が掲げられています。

 

健康情報を使いこなせる個人の能力は

「21世紀を生き抜く力をもった市民」ともいわれます。

 

これは、地域の健康づくりに限ったことではなく

会社、職場の健康と生産性にも関連するという予備調査

も報告されています。

職場の健康Actionと生産性については、長く様々な取組みの

歴史があり、現在の健康経営やCSRの流れに発展していると

思います。

 

健康情報を使いこなす能力とはどのようなものでしょうか?

どのようにするとその能力を高めていけるのか?

健康情報を使いこなす能力があるとどのようなメリットが

あるのでしょうか?

ご一緒に考えてみませんか。

生放送:3月4日

再放送:3月8日㈮15時、10日㈰11時

【番組の聴き方】
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから(http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリをダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局をタップ

つぎに「FM白石」をタップで操作完了
ご不明な点疑問な点は詳しい方に
お尋ねするようお願いいたします。

毎週月曜 午後6時30分は
『慶子のあるがままにいきる』

パーソナリティ:髙橋慶子

コーナー「ヘルスプロモーションde17」
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です