投稿者「takahashi」のアーカイブ

2019.5.8「「北海道ネウボラ~パパ×育休~家族支援」

今週の「北にいきる人」ゲストはNPO北海道ネウボラ代表

五嶋絵里奈さんです。

5月24日㈮に北海道女性プラザで開催

される北海道ネウボラシンポジウム午前・午後の

ご紹介をいただきました。

 

「パパ×育休」

「家族支援」

~北欧フィンランドの妊娠期からの切れ目ない家族支援

ネウボラを参考に~

興味深いメッセージで、MCからもいろいろ伺いました~(^^♪

 

ぜひぜひお聴きいただきたいと思います。

そして、5月24日お足をお運びください!

 

放 送:5月8日㈬ 午後8時

再放送:5月15日㈬ 午後8時

番組をお聴き頂く方法です↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分
『慶子のあるがままにいきる』No202
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが憲章で提唱している新しい健康観に基づく健康戦略

ヘルスプロモーションを含め、2015年国連採択のSDGs2030年までの

持続可能な開発目標の理念に基づいた発信をしています【誰一人取り残さない】

 

 

2019.4.29財務省北海道財務局訪問「子育て世代~パパとお金の話を!」

今週は、財務省北海道財務局にて取り組んでいる

【子育て世代向け情報発信】の広報活動について

インタビュー致しました内容をMC髙橋からご紹介致します。

 

インタビューに対応頂きましたのは

北海道財務局総務部総務課 企画係長総務第二係長 永田康人 様

インタビューを企画運営して頂きましたのは

北海道財務局総務部財務広報相談室 広報相談係長 後藤 景子 様

お二方には大変ご尽力ご協力を賜りました。

 

きっかけは、「子育て世代の職員」も多く、「お金に詳しい」という特徴

を活かす取り組みを検討したことからのスタートだったそうです。

 

本局ツナガリプロジェクトチーム、旭川財務事務所、釧路財務事務所

北見出張所、さらに函館財務事務所、小樽出張所で「子育て世代」を

対象とした子育てサロンを中心とした取り組みが広がっています。

 

番組では、多くの方に取り組みを知ってもらい、上手に活用して頂ければと

特に、子育てサロンでの「くるまざ勉強会」の開催状況とご参加者の感想を

ふんだんにご紹介させて頂きました。

 

インタビューさせて頂きまして、目指すところが素晴らしいと思いました。

「お金の話をパパと話してほしい」

「家庭のなかでお金の話をしてもらいたい」

ママが子連れで気軽にいける子育てのサロンのような場で

子育て世代の「おかね」のはなしを学び家庭でパパと共通の話題になる、、

このことは、パートナーと家庭を育むなかでとても大事な時間だと思います。

 

このきっかけを無理なく創ろうとする北海道財務局の職員様の

熱意と実践の積み重ねに感嘆致しました。

ぜひぜひ多くの関係者、子育て世代の方々にご活用頂きたいと思います。

 

生放送:4月29日

再放送:5月3日㈮15時 5月5日11時

番組をお聴き頂く方法です↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分
『慶子のあるがままにいきる』No202
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが憲章で提唱している新しい健康観に基づく健康戦略

ヘルスプロモーションを含め、2015年国連採択のSDGs2030年までの

持続可能な開発目標の理念に基づいた発信をしています【誰一人取り残さない】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.4.8「いつもと違うをキャッチする力」ヘルスプロモーションde17

今週は、3つのコーナーの中から

ヘルスプロモーションde17をおとどけしています。

テーマは「いつもと違うをキャッチする力」

メンタルヘルスのラインケアで大切にされる気づきとして

産業保健における職場環境や上司と部下や同僚との関係性

に活かされています。

 

しかし、産業保健だけではなく地域での日々の暮らしの

をとおして自分磨きに、他者理解に活かされることで

お互いに暮らしやすい環境をつくっていけるのではないか

と思います。

 

「いつもと違うをキャッチする力」メッセージで

ひとつ目は「伝染する感情」

ふたつ目は「スタンダード」

を今回取り上げています。

 

何か気になる

面白そう

そんな感覚をいだいてくれた方

どうぞ再放送をお聴きいただきたいと思います。

 

生放送:4月8日

再放送:4月12日㈮15時 4月14日11時

生放送を月曜
再放送を金曜・日曜に行っています。

 

番組の聴き方↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分
『慶子のあるがままにいきる』No199
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。~誰一人取り残さない~

2019.4.1北にいきる人『株式会社ゆいと第一回講演会』No198

今週は、ゲストコーナー「北にいきる人」から

おとどけしています。

ゲストは株式会社ゆいの事務局長で結び役責任者の

鹿内清和(しかない きよかず)さんをお迎えしました。

テーマは、設立した株式会社ゆいの紹介と

4月25日㈭夜に開催する第1回講演会のご案内です。

 

鹿内さんは、つながりを結んでいきたいと今後の

抱負を語っていらっしゃいます。

プロフィールにはその源流が示されていると思います。

 

再放送がありますので、ぜひお聴きください。

生放送:4月1日㈪

再放送:4月5日㈮15時 4月7日11時

生放送を月曜
再放送を金曜・日曜に行っています。

 

番組の聴き方↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分
『慶子のあるがままにいきる』No198
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。~誰一人取り残さない~

 

2019.3.25【北にいきる人フォーラム~老病死から生を考えるスペシャルNo3】

今週は、2018年10月27日に覚王寺内平副住職とコラボ開催した

2018『北にいきる人』フォーラム~スタジオから地域へ

の番組3回特集のうちの3回目をおとどけしています。

 

2016年フォーラム開始から3回目となった今回の

タイトルは『 老病死から生を考える 』

講演いただいた医学博士丸山淳士先生は、率先して

現代の時代を生きられる人生の大先輩

繰り返しお聴きするたびにより深まります。

 

第三回目は、講演終盤部分をFM波にのせました。

より心地よく心豊かに暮らす豊富な智慧を

お楽しみください。

生きる核心に迫る問いかけを笑いのなかに織り交ぜて

丸山流をとどけてくれます。

 

さまざまな生老病死の人生体験をとおして

我々世代、次世代、次々世代への心からのメッセージ

楽しみながらお耳をおかしいただきたいと思います。

 

生放送:3月25日㈪

再放送:3月28日㈮15時 3月30日11時

生放送を月曜
再放送を金曜・日曜に行っています。

ぜひお聴きください。

番組の聴き方↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分
『慶子のあるがままにいきる』No197
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

 

 

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

2019.3.18北にいきる人『偶然、気まぐれ、人違い』

第196回の今週はゲストコーナー「北にいきる人」から

おとどけしています。

ゲストは札幌市厚別区のもみじ台管理センター長の

小林悟さんをお迎えしました。

 

もみじ台管理センター長に就任して一年が経過

ちょうど一年前の第8回「もみ人ふれあい祭り」で

”もみじ台”という地域に

この”センターに集う人々”に

”ふれた”

エピソードがテーマに凝縮されています。

この一年を通して思うこと想うことを

中心にお話ししています。

 

今週末3月24日㈰には、2018年度最後の大イベント「もみ人ふれあい祭り」

が開催されます。

「もみ人」は「もみじ台の人々」の略

赤ちゃんから超高齢者まで

元気な人もそうでない人もみんなを意味しています。

日頃のもみじ台地区センターの交流&コミュニティイベント・講座

の紹介と共に、当日のイベント内容をご案内しています。

 

今年の「もみ人ふれあい祭り」のテーマは

”もみじ台の人々が交流するしなやかなまちをめざして”

地域の皆さまへ感謝の気持ちをお伝えする場

ぜひぜひ楽しみに参加いただきたいと思います。

 

生放送:3月18日

再放送:3月22日㈮15時、24日㈰11時

【番組の聴き方】
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから(http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリをダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局をタップ

つぎに「FM白石」をタップで操作完了
ご不明な点疑問な点は詳しい方に
お尋ねするようお願いいたします。

毎週月曜午後6時30分『慶子のあるがままにいきる』

パーソナリティ:髙橋慶子

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

2019.3.11 Generation Gap【仲間のちから】

今週はミレニアル世代のHideとのGeneration Gapコーナー

タイトルは『仲間のちから』

ピアサポートをとおしてそこに人の「建設的な変化」を感じている。

でもピアサポートが暮らしの中にあると思う人は一部かも知れない

そこで語り合いたいと思った。

 

第195回

「KeikoとHide」のコーナー

 

語り合いは双方向でするコミュニケーションのキャッチボール

相手の話しを聴いて、自分の考えを含めて返球する。

 

「仲間」ときいてイメージすること

 

「仲間のちから」ってあると思う?

 

どんなことがあったときそう思えるだろうか

 

世代を超えて発見する同質性と異質性

 

さてどんなことが生み出され発見されたか

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

生放送:3月11日

再放送:3月15日㈮15時、17日㈰11時

【番組の聴き方】
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから(http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリをダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局をタップ

つぎに「FM白石」をタップで操作完了
ご不明な点疑問な点は詳しい方に
お尋ねするようお願いいたします。

毎週月曜 午後6時30分は
『慶子のあるがままにいきる』

パーソナリティ:髙橋慶子

コーナー「ヘルスプロモーションde17」
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

 

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

 

2019.3.4「健康情報を使いこなす力~職場の健康格差」

今週の第194回におとどけしているテーマは

「健康情報を使いこなす力~職場の健康格差」

健康日本21(第二次)の基本方針の1つに

「健康格差」が掲げられています。

 

健康情報を使いこなせる個人の能力は

「21世紀を生き抜く力をもった市民」ともいわれます。

 

これは、地域の健康づくりに限ったことではなく

会社、職場の健康と生産性にも関連するという予備調査

も報告されています。

職場の健康Actionと生産性については、長く様々な取組みの

歴史があり、現在の健康経営やCSRの流れに発展していると

思います。

 

健康情報を使いこなす能力とはどのようなものでしょうか?

どのようにするとその能力を高めていけるのか?

健康情報を使いこなす能力があるとどのようなメリットが

あるのでしょうか?

ご一緒に考えてみませんか。

生放送:3月4日

再放送:3月8日㈮15時、10日㈰11時

【番組の聴き方】
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから(http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリをダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局をタップ

つぎに「FM白石」をタップで操作完了
ご不明な点疑問な点は詳しい方に
お尋ねするようお願いいたします。

毎週月曜 午後6時30分は
『慶子のあるがままにいきる』

パーソナリティ:髙橋慶子

コーナー「ヘルスプロモーションde17」
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

 

2019.2.25【北にいきる人フォーラム~老病死から生を考えるスペシャルNo2】

今週は、2018年10月27日に覚王寺内平副住職とコラボ開催した

2018『北にいきる人』フォーラム~スタジオから地域へ

の番組3回特集のうちの2回目をおとどけしています。

 

2016年フォーラム開始から3年目となった今回の

タイトルは『 老病死から生を考える 』

講演いただいた医学博士丸山淳士先生は、率先して

現代の時代を生きられる人生の大先輩

繰り返しお聴きするたびにより深まるものです。

 

第二回目は、講演後半の16分をFM波にのせました。

「死のもたらす価値とは?」

「高齢者の社会における存在とは?」

生きる核心に迫る問いかけを笑いのなかに織り交ぜて

丸山流をとどけてくれています。

 

さまざまな生老病死の人生体験をとおして

我々世代、次世代、次々世代への心からのメッセージ

楽しみながらお耳をおかしいただきたいと思います。

 

生放送:2月25日㈪

再放送:3月1日㈮15時 3月3日11時

生放送を月曜
再放送を金曜・日曜に行っています。

ぜひお聴きください。

番組の聴き方↓
〇FMラジオ周波数→83.0MHz
〇インターネットラジオの聴き方
☆~PCから
エフエムしろいしのHPから
http://www.830.fm
「Windows Media Player」をクリック

☆~スマホから
Tuneln Radio(無料)アプリを
ダウンロード
「ブラウズ」カテゴリー ローカル局
をタップ つぎに「FM白石」をタップ
で操作完了

毎週月曜 午後6時30分は
『慶子のあるがままにいきる』No193
パーソナリティ:髙橋慶子
提供:Officeアイカレッジ®北海道
制作・配信:エフエムしろいし

🍀この番組はWHOが1986年オタワ憲章で提唱し、2005年バンコク憲章で

再提唱した新しい健康観に基づく健康戦略ヘルスプロモーションを含め

2015年国連採択のSDGs2030年までの持続可能な開発目標メッセージを

発信しています。

講演のご依頼をいただきました。

【Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業からのお知らせ】

タイトルは「仲間力~ピアサポート」「ストレス対処法」等々

いまの社会風潮、ニードあるいはニーズ、ウオントあるいはウオンツ

と繋がっています。

 

Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業の特徴のひとつは

「支える人」と「支えられる人」という、ともすれば二重構造になりがちな

関わる人たちの障壁とも考えられるこの関係性について、

支える人と支えられる人の実践体験からアプローチするものです。

 

継続してトライ&チャレンジしてまいりたいと思います。