カテゴリー別アーカイブ: メディア

2018年4月9日生放送

第148回『慶子のあるがままに生きる』

ゲストは(有)北海道新聞中田専売所の
桑原美香さんと二階堂亜樹さんを
お迎えしました。

キャリア21年と6年の社員さんの

仕事のやりがいと喜びが伝わって

きます。

所長の先代が豊浦からこの地に来て61年
10年前からのオリジナル活動の
「どうしん中田絵ほん文庫」
現在厳選1485種 地域に広がり素晴らしいですね!

 

 

2018年3月19日生放送

第145回『慶子のあるがままに生きる』

「北にいきる人」ゲストは、
日本スポーツ雪かき連盟の代表で
5回目の国際スポーツ雪かき選手権
を終えた松代弘之さんです。

ゲストテーマ「小樽」
小樽の夜の魅力を伺いました。
2人のフリー対談は「大学と社会人」
札幌学院大学での講義風景から
社会に出る前に失敗と挑戦の体験を
するすばらしさを語り合いました。

リクエスト
学生時代の思い出の曲
ジャーニー「セパレイトウェイズ」

2018年3月12日生放送

第144回『慶子のあるがままに生きる』

「北にいきる人」ゲストは

札幌市障がい者講師の寺地恵子さんです。
寺地さんの「あの時、ヘルプマークが
あったら、、、」
衝撃的な出会いが出会いをつなげて
さらに情熱の輪が広がっていくお話し
を伺いました。

テーマ
「ヘルプマークをご存知ですか?」

リクエスト曲

山口百恵さんの「しなやかに歌って」

2018年2月26日生放送

第142回『慶子のあるがままに生きる』
「北にいきる人」ゲストは、

ご当地マラソン
プランナーの最勝寺久和さん。
テーマ「人生とは上手く出来て
いるもの」
私、髙橋との対談のテーマ
は「ご当地」を取り上げました。

お身体の変調からの回復と共に
街の歴史・観光・風土を活かした
取組み「マラニック」について、
伺いました。

2018年2月19日生放送

第141回『慶子のあるがままに生きる』

「北にいきる人」コーナーゲストは
プロの技と体験者の知恵が詰まった
乳がんパッド「しずくパッド」開発者
の一宮美恵子さん。

自分の体験から創意工夫を続けた
プロ洋裁師の技に、使った人たちから
感動の声が寄せられています。

たとえば、、、
スポーツの時もズレずにフイットする
お肌の弱い人も快適など、10個も
数えられる特徴を、伺いました。
その理由は、一針一針の手縫いだから
こそできるものなのです。

「まず、試着して体験してほしいです。」
(一宮さん)

体験者だけではなく、大切なパートナー
のいる方や若い人たちにも知ってほしい
知識ですし優れた当事者開発の商品です。

関心のある方は、ぜひ放送をお聴き頂き
たいと思います。
購入は、インターネットでできますが、
「しずくパッド」(意匠登録)
詳しくは、キャンサーサポート北海道
(特定非営利活動団体)
にお問い合わせください。

2018年2月5日生放送

第139回『慶子のあるがままに生きる』

「北にいきる人」コーナーゲストは

~世界一明るい視覚障がい者~の
キャッチコピーで、障がい者雇用・
働き方改革のチャレンジを続ける
成澤俊輔さんをお迎えし

電話インタビューをおとどけしています。

タイトルは「3月に北海道に来ます」