お知らせ」カテゴリーアーカイブ

講演のご依頼をいただきました。

【Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業からのお知らせ】

タイトルは「仲間力~ピアサポート」「ストレス対処法」等々

いまの社会風潮、ニードあるいはニーズ、ウオントあるいはウオンツ

と繋がっています。

 

Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業の特徴のひとつは

「支える人」と「支えられる人」という、ともすれば二重構造になりがちな

関わる人たちの障壁とも考えられるこの関係性について、

支える人と支えられる人の実践体験からアプローチするものです。

 

継続してトライ&チャレンジしてまいりたいと思います。

 

講演【災害ストレスのセルフケア】をいたしました

札幌市社会教育協会主催の講座講師として

お話しさせていただきました。

今回のテーマは『災害ストレスのセルフケア』

昨年9月6日に発生した胆振東部地震の様々な衝撃から

日頃の心の安定をふくめ災害にかかわるストレスケア

を学び共に考える機会を目的といたしました。

約80名の市民の方々に笑いあり思いを巡らせつつ

まちづくり・地域包括における市民の力発揮として

生涯教育の時間を楽しんでいただけたと思います。

 

 

 

【新年のごあいさつ】

謹んで新年のごあいさつを申し上げます

旧年中はお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます

2019年皆さまのご健康とご多幸 そしてより一層のご活躍をお祈り申し上げます

 

Office アイカレッジ®北海道は開設当初からの理念であるWHO採択の

ヘルスプロモーションと2015年国連全加盟国採択の2030年までの

持続可能な開発目標SDGsの融合をベースとして

地域の健康・働く人の健康・女性の健康を軸に、次世代・次々世代が生きる

未来の基盤づくりをめざしチャレンジを続けます

 

北海道職員から跳びこんだ健康支援事業所は今年9年目に入ります

病いからの回復体験12年+Public Health Nurseである保健師45年の

キャリア形成から特に「ストレス・マネジメント」と「セルフケア力の創り方」

をさまざまな機会をとおして提供して参りたいと考えております

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

Office アイカレッジ®北海道 代表 髙橋 慶子

年末のご挨拶

Office アイカレッジ®北海道は本日をもちまして

2018年の業務を終了させていただきます。

本年もご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

■年末年始休業日程
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

新年は、1月4日(金)より通常どおり業務開始いたします。

どうぞよいお年をお迎えください。

 

2018「北にいきる人」フォーラムを開催いたします。

~スタジオから地域へ~

この願いのもと、2015年番組開始から3回目となる

2018「北にいきる人」フォーラム
今年は、番組ゲストの覚王寺内平淳一副住職とコラボ開催いたします。

テーマ:『 老病死から生を考える 』

講 師:医学博士 丸山淳士先生

私たちの人生の生老病死について「健康に生きる力」の視点から

学び話し考え合いたいと思います。

自分のこと、大切な人のこと、身近な人のこと ご一緒に考えましょう。

会場は、歴史ある覚王寺本堂です。
本堂ならではの醍醐味にもふれていただきたいと思っております。

~スタジオから地域へ~
番組名:エフエムしろいし「慶子のあるがままに生きる」
ゲストコーナー:北にいきる人

 

「がんと就労」のパネリストを務めました。

2018年7月21日㈯ 苫小牧市内で開催されました

第3回リレー・フォー・ライフ2018とまこまいにて

Officeアイカレッジ®北海道 代表として

私の働き続けたい2つのエピソードをご紹介すると共に

「がんと就労」について課題と考えていることを提案いたしました。

M  C   大会実行委員会事務局長様

パネラー 東京海上日動北海道支店 支社支店長代理様

パネラー 苫小牧市議会議員様 大会実行委員様

パネラー Officeアイカレッジ®北海道 代表

 

 

 

イベント司会を務めています。

札幌市など行政との連携事業や助成事業での講演会や講座など

『主催者の思いを実現する司会進行』としてお手伝いしています。

2015年から、ワーキングの場、親子、地域の方、シニアの方など

いろいろな場面で務めさせていただいております。

各種の健康プロモーションにおいて、声の響き、顔の表情は

とても大きく関係するという確信をもっています。

脳・心・身体の健康

健康増進の講演『人生100年時代と健康』をいたしました。

熱心にお聴きいただき人生サイクルを意識しながら、

未来に希望をつなぐ心構えについて学び合いました。

脳(アタマ)と心(ココロ)と身体(カラダ)の

トリプルケアですね。

対象の方:シニアの方 約100名