お知らせ」カテゴリーアーカイブ

社会教育の講師を務めました

テーマは『パートナーシップは人生財』

100年時代の自分ネットワークの創り方を提案しました。

健康情報を使いこなす人(健康リテラシー)は、

入ってきた情報を鵜呑みにしないで、必要があれば確認したりして、

自分にとって有益かそうでないか選ぶ基準をもつようになります。

 

「自分の選択と判断で生きる智慧を獲得していく」

自分の智慧で100年時代を生き、近い将来の2025年問題にも

賢く柔軟に対応していく力を高めていくのだと思います。

 

 

 

 

ピアサポーターの2つの資格を取得

〇北海道がんセンター登録ピアサポーター

2018年11月

〇認定がん医療ネットワークナビゲーター

北海道がん総合相談支援センター所属

2019年2月

〇NPO法人キャンサーサポート北海道認定ピアサポーター

2019年4月14日付け

これらを北海道内のがん対策における社会的貢献活動として

保健師看護職業務や地域および職場の健康づくりに役立てて

参りたいと思います。

多くの関係の方々にご指導を賜り御礼申し上げます。

2019.5.30三角山放送局「ピンクリボンinSAPPORO」にゲスト出演

任意団体でおこなっている『当事者の成長と就労支援』

講演シンポジウムのご案内で、ゲスト出演いたしました。

パーソナリティの堺なおこさんは、ピンクリボンの企画

でもご活躍されていらっしゃいます。

 

そんなこともありまして、働き続けたくて興した健康増進事業活動

〇最近ウエイトがましてきた私の保健師活動のこと

〇「ぴあ保健師」と名乗る由来や実際の活動

〇Officeアイカレッジ®北海道のこと これから力を入れたいこと

をインタビュー頂きました。

ありがとうございます!

ヘルスプロモーション”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ®北海道

代表 保健師 髙橋 慶子

 

2019.4.22講演『仲間力~ピアサポート』に登壇

札幌市社会教育協会主催の講座講師として

お話しさせていただきました。

今回のテーマは『仲間力~ピアサポート』

100年時代の人生設計で健康はありたい自分の基盤です。

日ごろ自分で分かっていることを、日々の暮らしのなかで

自分の智慧を活かしどのように望む方向に向かっていくか、、、

地道な智慧を活かす工夫の成果が心身をつくります。

 

今回は、一人暮らしの増加が将来予測される中で、重要な人的ネットワーク

となる【仲間力~ピアサポート】を取り上げました。

約100名の市民が「熱心に聴いていた」と、担当者の感想をもらいました。

 

質問あり、自己表現あり、市民の主体的な自分育ての場に

なってきているようです。みなさま 実年齢よりずっとお若い!

札幌市社会教育協会の講座講師を務めて足掛け5年が経ちます。

この間の参加者の皆さまの変化を実感できることは喜びです。

 

札幌市社会教育協会 講座講師 髙橋 慶子

協力、後援:札幌市 札幌市教育委員会

 

講演依頼をいただきました。

【Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業からのお知らせ】

タイトルは「仲間力~ピアサポート」「ストレス対処法」等々

いまの社会風潮、ニードあるいはニーズ、ウオントあるいはウオンツ

と繋がっています。

 

Office アイカレッジ®北海道の講師派遣事業の特徴のひとつは

「支える人」と「支えられる人」という、ともすれば二重構造になりがちな

関わる人たちの障壁とも考えられるこの関係性について、

支える人と支えられる人の実践体験からアプローチするものです。

 

継続してトライ&チャレンジしてまいりたいと思います。

 

講演【災害ストレスのセルフケア】をいたしました

札幌市社会教育協会主催の講座講師として

お話しさせていただきました。

今回のテーマは『災害ストレスのセルフケア』

昨年9月6日に発生した胆振東部地震の様々な衝撃から

日頃の心の安定をふくめ災害にかかわるストレスケア

を学び共に考える機会を目的といたしました。

約80名の市民の方々に笑いあり思いを巡らせつつ

まちづくり・地域包括における市民の力発揮として

生涯教育の時間を楽しんでいただけたと思います。

 

 

 

【新年のごあいさつ】

謹んで新年のごあいさつを申し上げます

旧年中はお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます

2019年皆さまのご健康とご多幸 そしてより一層のご活躍をお祈り申し上げます

 

Office アイカレッジ®北海道は開設当初からの理念であるWHO採択の

ヘルスプロモーションと2015年国連全加盟国採択の2030年までの

持続可能な開発目標SDGsの融合をベースとして

地域の健康・働く人の健康・女性の健康を軸に、次世代・次々世代が生きる

未来の基盤づくりをめざしチャレンジを続けます

 

北海道職員から跳びこんだ健康支援事業所は今年9年目に入ります

病いからの回復体験12年+Public Health Nurseである保健師45年の

キャリア形成から特に「ストレス・マネジメント」と「セルフケア力の創り方」

をさまざまな機会をとおして提供して参りたいと考えております

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

Office アイカレッジ®北海道 代表 髙橋 慶子

年末のご挨拶

Office アイカレッジ®北海道は本日をもちまして

2018年の業務を終了させていただきます。

本年もご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

■年末年始休業日程
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

新年は、1月4日(金)より通常どおり業務開始いたします。

どうぞよいお年をお迎えください。

 

2018「北にいきる人」フォーラムを開催いたします。

~スタジオから地域へ~

この願いのもと、2015年番組開始から3回目となる

2018「北にいきる人」フォーラム
今年は、番組ゲストの覚王寺内平淳一副住職とコラボ開催いたします。

テーマ:『 老病死から生を考える 』

講 師:医学博士 丸山淳士先生

私たちの人生の生老病死について「健康に生きる力」の視点から

学び話し考え合いたいと思います。

自分のこと、大切な人のこと、身近な人のこと ご一緒に考えましょう。

会場は、歴史ある覚王寺本堂です。
本堂ならではの醍醐味にもふれていただきたいと思っております。

~スタジオから地域へ~
番組名:エフエムしろいし「慶子のあるがままに生きる」
ゲストコーナー:北にいきる人