vol 1 情動認知行動療法について

前職にて研鑽した様々な心の健康についてのアプローチ

があります。

さらに事業活動において研鑽を深めたものに

〇産業カウンセラー

〇ヘルスマネジメント検定の三種(セルフケア)・二種(ラインケア)

一種(マスター)の研鑽があります。

その他、情動認知行動療法が書籍や雑誌などで紹介されていますので

コラムでもご紹介いたします。

日本人が開発して40年近くの実績がある科学的心理的アプローチ法といわれ

ベースは、健康行動科学・免疫学・遺伝子発現学・脳科学の学術的な根拠をもちます。

 

S=Structured (システム化された質問法、回答法、イメージ法)を使い

A=Association (問題解決脳の右脳のひらめき、連想をうながし)

T=Technique (感じ方の情動を変化させて問題解決をうながす技術)

という特徴があり、開発者は、東京大学大学院医学研究科保健学博士

筑波大学大学院名誉教授の宗像恒次氏です。

 

長い歴史で培われてきました「認知行動療法」の優れた知見に、

さらに近接領域の脳科学・健康行動科学・遺伝子発現学・免疫学

の学術的根拠を加味した「情動認知行動療法」のアプローチもあります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です