Vol 7 北海道胆振東部地震・情報交換会からの学び

被災者支援活動情報交換会はとても有意義でした。

全道的な正確性をもった現状理解・法的根拠と役割分担

緊急対応チームの活動・行政、ボランティアセンターとNPOの連携等

スペシャリストの人たちや関係者から学んだ意味は大きいものでした。

前職の北海道保健所保健師として緊急対応を多く経験したこともよみがえり

DMAT、DHEAT、DWAT等専門チームによる危機管理支援の終了をふまえて

【強い防災】を地域で進めることは、安心して暮らすわが街づくりに

直結するということを実感をもって理解する機会となりました。

今後は苫小牧市内で情報共有会議が開催されるそうです。

災害時においても個々人の個性や特徴からくる【強み】を活かした方向性

を見出し、平常業務や活動にさらに付加価値をつけていくことにより

お互いにより佳き地域社会に向かうのではないかと思いました。

ヘルスプロモーション”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ®北海道 髙橋慶子