Vol 6 『北海道でがんとともに生きる』に寄稿

 

2017年5月10日 寿郎社初版 同月第二版出版

「北海道でがんとともに生きる」28名の執筆者のひとりとして

寄稿しました。

発案者の方の「必要としている人に一緒にとどけましょう」

という提案をお受けしました。

 

2018年から業務の関係先にて寄稿についてご紹介いただいたり

パーソナリティを務める番組で取り上げてきた経緯もありますので

コラムでご紹介させていただきます。

 

この本は、特定非営利活動法人キャンサーサポート北海道監修で、

北海道のメディアの他、全国的に広く紹介されました。

初版の2017年には、紀伊国屋札幌書店本店年間売上第2位になりました。

 

多くの患者体験者・ご家族やご友人・支援者・行政関係の方々にくわえ、

「いい会社にしたい」、「いい会社を創りたい」、「企業風土をよくしたい」

と強い思いをもつ会社関係者様の【治療と仕事の両立支援】の参考書籍に

なるものと思います。

 

※ P126~『語り手として生きる』

(決定前タイトルは、同級生が送ってくれた絵手紙のことば

『ふつうに生きて笑う日々がいとおしい』文末に綴っています。)

 

🍀ヘルスプロモーション”応援と勇気”のOfficeアイカレッジ®北海道

は2030年までの持続可能な開発目標SDGsを実践します。